哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

#映画レビュー

「ミートボールマシン」と「寄生獣」

映画『寄生獣』予告編 寄生獣 セイの格率 【ベストマッチ #1】 [ Shinichi's Best Battle ] Parasyte -the maxim- Full 60FPS 寄生獣 セイの格率 【ベストマッチ #2】 [ Shinichi's Best Battle ] Parasyte -the maxim- Full 60FP 寄生獣 セイの格率 【ベス…

梶 芽衣子『修羅雪姫』

梶 芽衣子の代表作といえば『女囚さそりシリーズ』だとおもってたが、この『修羅雪姫』のほうがいいわ。映像に形式美がある。シンプルに復讐を描いて、見事に完成した娯楽作品だ。 これが天才タランティーノの頭を通って、もうひとつの単純な復讐劇『キル・…

車中生活者 死にゆく妻との旅路

悲惨な実話をもとにした映画 「死にゆく妻との旅路」 当時、新聞でこの事件を知った時の衝撃を忘れることができない。 男が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたいきさつを簡単に伝える小さな記事だったが、それは ただならぬ過程が伴わなければ現れえない結…

映画「プリデスティネーション」

SF映画「プリデスティネーション」 イーサン・ホークが時空警察を演じたSFサスペンス!映画『プリデスティネーション』予告編 タイムパラドックス物は途中まで難解・深淵に見えるが(見続ける忍耐を要求されてる感じ)全部観終わってみると、たわいない作…

映画「インターステラー」

SF映画「インターステラー」 映画『インターステラー』特別予告 脚本から撮影まで、これくらいしっかり組織的に造り込んであると、観応えあるわ。 名言の応酬みたいな台詞もいい。 映画全体の圧倒的重量感。日本映画じゃ出せない。 映画『インターステラー』…

「メイズ・ランナー3部作」と「しんぼる」

出口の無い迷路に追放される少年たち メイズランナー 映画紹介 あらすじ 「メイズ・ランナー 第1章」を観た感想。 おれはこの種の作品を、当然アナロジーとして観る。 正体不明の絶対権力者がいて、人間を迷路(メイズ)世界に放り込む。 迷路は階層構造で、…

劣化再生産され続ける「黄金の七人」

昔の大ヒット映画「黄金の七人」を中学生の時、地元の映画館で観た。邦画にはない、洗練されたおしゃれな感じに衝撃と感銘を受けたのを覚えている。「続・黄金の七人 レインボー大作戦」もヒットした。 今見ると、正味があまりに幼稚すぎて、こんなもんに感…

「自分」葱や芋や牛肉やでこねくった怪しいシロモノ

Lucy (9/10) Movie CLIP - Crossing the Spacetime Continuum (2014) HD 人類の脳は10%しか機能していない、残り90%も有効利用しよう とかいう与太話はどうでもえーわ。 でも、リュック・ベッソン監督は、この一般受けする与太ネタで一流の娯楽映画をでっち…

神話的な WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜

『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』 (ウッジョブ かむさりなあなあにちじょう) 映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』予告編 おれは、制作にテレビ会社がかんでる映画にろくなものがないと思っていて、これも昔見た時、オープニングにTBSの…

グリーンフィンガーズ

グリーンフィンガーズは 実話に基づいたイギリス映画。 更正刑務所の囚人コリンが、所長の指示で嫌々ながら始めたガーデニングを次第に好きになり、グリーンフィンガーズ(園芸の才能)に目覚め…… (以下ネタバレゴメンです) ついにはイギリスで最も権威あ…

洋画「幸せのレシピ」

以前にDVDで観た「幸せのレシピ」を、ひさしぶりに観なおした。 良くできた映画って、刺激的な事件を描かなくても、アクションシーンやセックスシーンがなくても、物語の始まり数分で知らない間に引き込まれて、最後まで一気に観てしまい、良い気分になれ…

007カジノロワイヤル

DVDを観る 「007カジノロワイヤル」 CASINO ROYALE - FIRST FULL TRAILER 最初は、かったるい始まり方で、 主役の役者も、いまいち華がないし 「イギリス映画は、はずれ多いからなー」 と半ばあきらめて見ていたら、 途中からしり上がりに良くなってき…

名優 市川雷蔵

何を演じてもダンディな市川雷蔵。 演技を離れた普段のこの人は、実直な公務員みたいに見える。演技中の大スター雷蔵とのコントラストがすごいのだ。 眠狂四郎は、以後何人もの俳優が演じたが、円月殺法というアホみたいな剣術の動作を、これほどかっこよく…

映画「他人の顔」

安部公房原作脚本の映画「他人の顔」。 当時中学生のおれは、映画館の看板のいわくありげな題名にひかれて観に行ったとおもう。 何を描いているのかさっぱりわからなかったが、感覚的にかなり面白かった。 何十年ぶりかに観なおした感想は 「コメディ?」 小…

洋画「クラウド アトラス」と「ルーパー」

『クラウド アトラス』 『クラウド アトラス』"長"予告編 人類は過去現在未来、同じひとつの曲を多少の変奏を加えながら演奏し続けるという話。 (曲というのは喩えです。実際には、構造的にパターン化した同じ貪瞋痴の兇行を、人類全滅まで切りなく繰り返す…

ラストがユニークな「マッハ!弐」

DVDを観る 「マッハ!弐」 マッハ!弐 Tony Jaa Ong Bak 2 FINAL FIGHT Re Sound Part 1 - HD Ong Bak 2 [2008] Best Fight scene (7/8) elephant fight Ong Bak 2 [2008] Best Fight scene (8/8) final fight (ネタバレ注意) なんちゃって仏教徒の日本人…

映画「人情紙風船」

天才山中貞雄27歳の遺作『人情紙風船』 人間社会の貪瞋痴の不変性を、 正確に無駄なく描いているとおもう。 現代も薄っぺらい上皮を一皮剥けば、 なにひとつとして、変わっていない。 Humanity and Paper Balloons 人情紙風船 (1937) Sadao Yamanaka 山中 貞…

洋画3本

DVD Blu-rayを観る 「マシンガン・プリーチャー」今の日本の環境では出ない映画。 その意味で新鮮。 映画『マシンガン・プリーチャー』予告編 「ブライズメイズ 史上最悪のウエディングプラン」これも、日本映画にはまだない展開がおもしろい。 映画『ブライ…

洋画2本

DVD Blu-rayを観る 「36回の爆破でも死ななかった男キル・ザ・ギャング」 実録犯罪小説が原作とのこと。 そこそこ評判になる切ないストーリーによくあるパターン。 賢者・聖者になれたかもしれない優れた素質の人間が、劣悪環境に負けて、罪まみれの殺人者と…

必ず恐ろしい結果になることに、今すでに賛成してる

『フェアゲーム』 映画『フェア・ゲーム』予告編 この、権力者側の組織的情報操作がアメリカの悪事と思うのは完全に間違いだ。 アメリカで起きたことは10年後の日本で起きる。 日本はいまだにアメリカの真似ばかりだ。 悪いことはとりわけ熱心に学ばれ、いけ…

観て良かった洋画

BD・DVDを観る タイム アイデアが良い。 アナロジーとして、あえて深読みするといっそう良い。 映画『TIME/タイム』予告編 おとなのけんか 年食ったこどものけんか。 おとなのけんか アナザー・プラネット アイデアが秀逸。低予算が気にならない。 ANOTHER E…

ゾンビ邦画 ライフ・イズ・デッド

邦画「ライフ・イズ・デッド 」 チープなゾンビ映画だと、全然期待せず寝っ転がって見始めたら、コレが意外な秀作だった。ディテールにリアリティがあり、それが全体を活かしている。 ブラックユーモアがしっかりきいてて笑える。 ライフ・イズ・デッド 原作…

「革新」=改悪 になる唯一のケース

ブッダは究極革命を成し遂げた天上天下唯我独尊の存在だ。 よく誰某は仏教に革新をもたらしたなどというが、ブッダの教えに革新が必要な欠陥などない。 「革新」したら、それは必然的に改悪になる。 ブッダの教えの正直な励行が、あらゆる実現可能な革命の究…

映画『ヒア アフター』いじめと戦争がなくならない原因はひとつ

映画『ヒア アフター』予告編 『ヒア アフター』 クリント・イーストウッド こういう死後世界の物語を見ると暗澹たる気持ちにさせられる。 この映画は、肉体が死んだ後も生き続ける個々人の魂…つまり「死んでも生きてる自分」があると主張しているわけだが、…

ホンネ用タテマエ ホントのホンネ用タテマエもあります

無明とはなにか? どんな人間も、ホンネとタテマエを器用に使い分けて生きているのはもちろんだが、 その二つだけじゃなく、ホンネ用タテマエも、みんな普通に準備しているものだ。 これは「今日はひとつホンネで語り合おうぜ」みたいなよくある場面で使われ…

能率と経済を人生に適用する連中は浅薄蒙昧の輩

YouTube映画を観る 『晩春』 昔レンタルDVDで観たが、YouTubeにアップされていたので、10年以上ぶりで観なおした。 初見は、話のテンポがあまりにも遅すぎるのに途中で退屈してDVD倍速で見飛ばした。特に印象も残ってない。 おれはその後10年のうちに心境が…

小津が映画「お早よう」で到達した日本思想

小津安二郎監督による37作目の作品『淑女は何を忘れたか』(1937年公開) What Did the Lady Forget? / 淑女は何を忘れたか (1937) (EN/ES/TR) この時期の小津作品には、まだ観客への迎合が残っている。 はっきり言ってしまえば、客を上から目線で見下してい…

「ハンコック」

洋画を見る 「ハンコック」 映画 ハンコック 予告編 基本的に「大日本人」のパクリだとおもう。 とはいえ、万人受けする娯楽作品に仕上げるハリウッドの完成されたシステム(水戸黄門の印籠のように、後半ワンパターンの男女愛でまとめてハッピーエンド)は…

とっくの昔に言われてたんだ、方法的信

以前真理発見法「方法的信」について、次のように何度か書いた。 190925「デカルトとブッダの関係」より抜粋再録します。 真理発見法には、デカルトの「方法的懐疑」以外に「方法的信」とでもいうべき道もあるはずだ。「方法的懐疑」も危険だが、さらにその…

「椿山課長の7日間」何万年もかけて染み付いた幻想

邦画を観る 「椿山課長の7日間」映画版 椿山課長的那七天_DVD預告 テレビドラマ化もされている。 Body swap movie 13 - Mr Tsubakiyamas Seven Days 2009 椿山課長の七日間 コメディだからと、笑って見ていればいいのかもしれないが……。 人類がみずからの長…