哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

#邦楽

名作映画「怪しい彼女」

ウィキペディア『怪しい彼女』ストーリーより引用させていただきます。 70歳のオ・マルスン(ナ・ムニ)は頑固で世話焼きなお婆さん。マルスンの元奉公人で男やもめのパク氏(パク・イナン)と共にカフェで働くマルスンは、女手一つで育て上げた一人息子の大…

神話的な WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜

『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』 (ウッジョブ かむさりなあなあにちじょう) 映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』予告編 おれは、制作にテレビ会社がかんでる映画にろくなものがないと思っていて、これも昔見た時、オープニングにTBSの…

カムイ外伝

漫画「カムイ伝」及び「カムイ外伝」は誰の真似でもない創造的な作品で、子供だったおれは強烈なインパクトを受けた。 やがてテレビでアニメ化され、好評を得た。 水原弘/忍びのテーマ 主題歌を歌う水原弘は個性的な人だった。 彼はTV画面でいつも不機嫌な…

泣いてたまるか

木村充揮×近藤房之助 「泣いてたまるか 」 ♪匙を投げるはまだまだ早い~♪ 泣いてたまるか / 木村充揮×近藤房之助 (My Favorite Songs) オリビア・ニュートン=ジョン。「フィジカル」 Olivia Newton-John - Physical (1981) Lyrics English (過去記事統合…

ろくでもない世の中だから、大いに楽しく生きよう。

喜納昌吉&チャンプルーズ 「花~すべての人の心に花を~」 ろくでもない世の中だから、 おれたちは笑って生きようよ。 花 喜納昌吉 with 久保田麻琴 ハイサイおじさん (歌詞付き) ブッダのことばを引用させていただきます。 悩める人々のあいだにあって、悩…

立川談志 業の肯定

立川談志のYouTube音源をまとめて聴いている。 この人は「業の肯定」ということを説いていた。 戦争をやり世界を不幸のどん底に落とす強欲悪魔を撃退するには、平和のために大衆が大同団結できるわかりやすい共有思想が必要だ。 「業の肯定」は、悪魔の狂気…

行きつくまでのサティは坂道を登るよう

サティは長く連続的にやらないと 本物にならない。 昔の歌「ダークダックス 銀色の道」に ♪苦しい坂だが止まれば下がるボンボボボ♪ てのがありました。 サティは急な坂道を登るようなもの。頂上に行けば一服してだいじょうぶだが、途中で一服するとその度に…

法句経 六偈の解釈について

(スマナサーラ長老音声『ダンマパダ(法句経)講義 6偈~みんな争いの空しさを「知ってるつもり?」』)より引用させていただきます。 人々は(争いによって)、自己破壊してしまうことを知らない。 それを知っているならば、あらゆる争いは消えてしまう。 (…

嘘つきは、どんな罪でも犯せる人間だ。

スマナサーラ長老 パティパダー巻頭法話No.130より引用させていただきます。 …この世の中のことを考えると嘘が全ての不幸の原因になっていることは明白です。経済的、政治的な不安は皆互いに嘘を付いて騙し合っているから起こるのではないでしょうか。 「嘘…

梵我一如は妄想2個の串団子

(アルボムッレ・スマナサーラ著「ブッダの教え1日1話」1/28より引用します) 葬儀に参列して、故人が安らかに天国に行けますようにと祈るとき、死ぬことは自分に関係ない他人事だと思っています。 けれども、「自分もこのように死ぬのだ」と念ずるように…

歩くヴィパッサナーの足運び(狭い部屋バージョン)

家が狭いので、以下のように狭い部屋バージョンで歩くヴィパッサナーを実践している。 (スローモーションで、動きを感じながら、内語で次のように実況中継する。1時間以上やる)右足上げます。運びます。下ろします。左足上げます。運びます。下ろします。…

これ以上酷い矛盾はない

真剣さがぜんぜん足りないのは、なにが原因か…… われは、迷いの生存のうちに恐ろしさを見、また迷いの生存のうちにさらに破滅を見て、それ故にわたしは迷いの生存を喜ばない。 (ブッダの感興のことば29章22 中村元訳) この釈尊の教えを、本気で聴けていな…

ボケ悪化2

10時に歯医者の予約があったのを忘れてた。 気づいたのが食事中の13時ごろ。食べるのを止めてすぐ電話。 正直に「忘れてました。すみません。別の日に予約お願いします」と言った。29日に予約。 今度は忘れないように対策をうつ(といっても、カレンダ…

たんなる受身表現だって?

人は自分の力だけで生きているのではない。 それは事実だ。正しい。 しかし、だからといって、それを 「大いなるもの(神)に生かされている」 と言ってしまっては、もう事実ではない。 まったく正しくない。 (My Favorite Songs) テレサ・テン 「花」 「…

擦れば火が出るマッチ、一生擦らずに置いとく人達

(澤木興道 禅の道 1「普勧坐禅の吹唱」より引用させていただきます) 心して引けばこそ鳴れ霧深き 秋の山田にかけし鳴子も 引っぱらなければ鳴らぬではないか。 一切衆生皆この法性(ほっしょう)真如(しんにょ)の光は誰でも持っているが、引っぱらないから…

ボケ悪化してる~

ステンの保温水筒にコーヒーを入れようと思った。 きれいに洗った後、水を切るために注ぎ口を下にして数回振った。 黒砂糖の塊を数個入れた。 その直後(0.1秒もたっていない)、水がまだ充分に切れていないと思い、また水筒の口を下にして振ってしまった。 …

現代人も、宗教抜きでは、やっていけない

わたしたちの時代には宗教に本気で情熱を感じ続けることを過去のどの時代よりも困難にしている様々な要因があります。 宗教というものは鼻持ちならぬと思わせるもっともな理由と、それを裏付ける歴史的証拠をそれこそ無数にあげることができるのです。 これ…

高齢者の手術についておもうこと

2007年、当時80歳目前の母は、年相応の持病を人なみにだかえていたが、ふだんは元気でふつうに生活できていた。 しかし検診で腎臓がんが発見された。 すでに肺に転移していたが、腎臓の摘出手術をすれば、非常に稀だが肺がんも治った事例があると医者に言…

ロスタイム

浮世の習いで、日々しないではすまない雑用が一定量発生し、それらにかまけて肝心の瞑想がおろそかになっている。 自分がすべきことは、これ以外なにもないとわかっているはずなのに…… そこで一句。 このままじゃ 人生ぜーんぶ ロスタイム のんきだ。 ばかだ…

人は、死の事実を受け入れず、生き続ける嘘話に感動するほうを選ぶ。いつまでも生き続けたい自分を捨てないなら、いじめも戦争もなくならない。

以下の釈尊の言葉は、「なにをあたりまえのことをくどくどと」と思いたくなるほど、《誰でも知ってる事実》です。 この世における人々の命は、定相なく、どれだけ生きられるかわからない。惨ましく、短くて、苦悩に繋がれている。 生まれたものどもは、死を…

ラリー・ローゼンバーグ「呼吸による癒し」

ラリー・ローゼンバーグ「呼吸による癒し」 読書メモ。 瞑想は上手くいってもいかなくても毎日やる。上手くいく経験と上手くいかない経験が等しく大切だという指摘。 「私」「私のもの」に対する執着は最劣の依存症である。 気づきはハイパーアテンション(Hy…

みせかけでない本物の智慧。放下着!

みせかけでない本物の智慧とは何か。 釈尊は、純粋な観察こそ本物の智慧だと説いた。 有名な禅語 放下着(ほうげじゃく)(捨ててしまえ)は、あなたが大切に抱きしめているものを捨てよという意味ではなく、実はただありのままをしっかり見よと言っているだけ…

この世の中に 泣かんならんような事は、 なんにもあらへん

悩める人々のあいだにあって、悩み無く、大いに楽しく生きよう。 悩める人々のあいだにあって、悩み無く暮そう。 (ブッダの真理のことば15・198 中村元訳) 貪(むさぼ)っている人々のあいだにあって、患(うれ)い無く、大いに楽しく生きよう。 貪っている…

日曜の朝、目覚めてすぐベッドの中で瞑想してみる

昨日、日曜の朝10時過ぎ起床。前夜、意味なく遅くまで起きていたので目覚ましかけずに寝た。 いつもなら目が覚めるとすぐ尿意があり、まずトイレに行くのだが、今朝はそれがない。 「チャンス!」とおもい、そのままベッドの中でただちに瞑想を試みた。 目…

ピクニックは道中も楽しい

ティク・ナット・ハン師が …ピクニックは、目的地に行く道中も楽しい、テント張りも楽しいでしょう、労役だと感じないでしょう。同じように平和、幸福、成功にたどり着く道中の「今ここ」のサティも楽しく行えるのです。 と、法を説いてくれている。 おれは…

自分を棚に上げて、不倫を攻撃する世間と苦聖諦

松本清張原作映画「影の車」は名作だ。 テレビでも3回ドラマ化されている。 The Shadow Within 影の車 (1970) - Yoshitaro Nomura Trailer 影の車 「影の車」の主人公は、子供時代に、母親の不倫相手を殺している。 大人になって、今度は自分の不倫相手の6歳…

法話は何度も何度も聴くべきもの

昨日の朝、チャリで燃やすゴミ出し後、その足で自主ウォーキングコースに行き、いつものスマナサーラ長老法話を聴きながら、1時間ほど歩く。 Lesson5 生命維持に不可欠な行為を瞑想する(食べる瞑想)|スマナサーラ長老のヴィパッサナー瞑想入門⑦ 話のベー…

精進とは? なんでもいいからガンバレ―じゃないから。

修行僧よ。瞑想せよ。なおざりになるな。汝の心を欲情の対象に向けるな。なおざりのゆえに鉄丸を呑むな。(灼熱した鉄丸で)焼かれるときに、「これは苦しい!」といって泣き叫ぶな。 (ブッダの真理のことば371 中村元訳) 聡明な人は順次に少しずつ、一刹那…

脳に心地よい言葉に救いはない。にべないむきだしの事実にだけ真の救いはある。

我々は生まれると競技場に入り、死ぬとそこを去る。その競技用の車をいっそううまく操るすべを学んだとて何になろう。 byルソー 大多数の人々は、こういう にべないむきだしの事実 だけは、聞きたがらない。 聞いても理解しないで、ただちに忘れようとするだ…

あなたの悩み疲れた心の【感情と思考】は腐っている

以前、名古屋(笠寺・日本ガイシフォーラム)の「初期仏教デー ヴィパッサナー冥想と法話の会」に参加した。 その時のメモと感想。 スマナサーラ長老の法話、質疑応答、初心者瞑想指導が13:30 から19:00までみっちり(15分の休憩1回を挟むのみ)おこなわれた…