哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

俺実感、俺のもの実感←自然なことだが、真実ではない。

佐々木閑 仏教講義 6「阿含経の教え 2,その44」(「仏教哲学の世界観」第9シリーズ) - YouTube

www.youtube.com

 

 

 

自我(俺、俺のもの)は、人が世界を解釈し適応し生きるために必要なインフラとして自動作成されるように、人のDNAにプログラムされてるとおもう。ブッダは、この自我プログラムに深刻な貪瞋痴バグがあると説いた)

その証拠に、すべての無垢な赤ちゃんは、物心つく前に、もれなく貪瞋痴に汚染された「俺・俺のもの」の落とし穴に落ちてしまう

 

 おもちゃを取れれた子が「ギャーッ」と叫ぶ。

あれは、おもちゃが欲しくて泣いてるんじゃない。

 

 俺のものを盗った!!!

 

と怒ってるんだよ。

 

そして、

これを見た親達は皆嬉しそうに笑ってるからね。

 

親にも子に自然に愛されてる幻想の頑丈さ!

 

 

 

 

 

 

 

 ブッダが発見した

 

無我という真理

 

は、生物一般の宿命的盲点になってる。 

 

賢愚を問わず誰もが「俺」ほど確実な実感は他にないと思いこんでるから、

「俺、俺のもの」は錯覚だと言われたら「…あほか」と聞き流す。

 

 

 

佐々木先生は、たとえとして

「どうしても螺旋に見える」

トリックアートを示された。

おれも、たとえ話をひとつしよう。

 

 

 

水の入ったグラスに差してあるストローは

折れ曲がって見える。

光の屈折でそう見えるだけで、

本当はまっすぐだと誰でも知ってる。

 

しかし、ストローはまっすぐだと知ってからも、

グラス越しのストローは

なにも変わることなく曲がって見えてる。

 

 

光の屈折が理解できない原始人なら、

いくらストローはほんとは曲がってないと説明しても、

 

いや曲がってる。

この目で見てるから間違いない。

絶対まっすぐに見えないから

 

と言い張る。

 

もしまっすぐに見えたら、

それこそおかしいわい

 

 

気づいてしまえば

「なんだ、そんなことか」

という単純明白な事実なのに、

気づかないうちは、ほとんど理解し難い。

 

ブッダだけが、「我」は錯覚だと、

ストローをグラスから抜き出して見せるように、

明晰判明に示した。

 

 

 

ブッダは、アートマン(我)を立てることは愚か者のごまかしだと明言してる。

しかし人類は現在に至るまでアートマン(我)のいかに物凄まじい欠陥を見せつけられ続けても、これを捨て去ろうなどとは露程もおもったことがない。

なにしろ現人類は、貪瞋痴の苦しみを、夢中で楽しんでる真っ最中だからだ。

 

自我という砂上楼閣の頑丈さよ!

ひたむきに生きんとする盲目の意志のひたむきさよ!

これはほんとにどうしようもないほどだ。

 

 

 

 

 

人類の実相は、まずこのアートマンプログラムに執着讃嘆する天文学的な長い時期を経てのちに、ようやく飽きて、ではブッダの教えも聞いてみようかいという気分に、ちょっとはなるかもといった心細いレベルだ。

(人類絶滅が先になる可能性高い)

 

それまでは、アートマンを、不死の魂、真我、大我、仏性と様々に呼び変えては隠し持ち、絶対に捨てない。

 

そして

 

唯一絶対宇宙創造人格神

 

アートマンの最終形だ。

 

人は、生きるためのインフラとして偽造した自分意識(アートマン)に、今や逆支配され我欲の奴隷に落ちぶれてる。

そんな社会がすっかり爛熟期に入ると、一時的退廃を経て、アートマンの最終形たる唯一絶対宇宙創造人格神に関する祭祀や苦行に、内外呼応する益体もないハーモニーを感じて夢中になる。

アートマンを(魂、真我、大我、仏性、どんな名前で呼ぼうと)保持する社会は、爛熟するたびに何度でもこの唯一絶対宇宙創造人格神を見いだし、

 

「おお神様 神様 助けて パパヤー」

 

と掻い付き、祭祀と苦行の暗い穴倉に入る。

自我を捏造し、自我の都合ですべてのデータを改竄し、自我の化物である神にひれ伏す茶番の中で滅びる。

これを切りなく繰り返してるだけ。

 

 


ブッダは、それは人が陥る落とし穴だと教えてる。

 

ブッダのことば スッタニパータ249 中村 元訳)
魚肉・獣肉(を食わないこと)も、断食も、裸体も、剃髪(ていはつ)も、結髪も、塵垢(ちりあか)も、粗い鹿の皮(を着ること)も、火神への献供(けんく)の奉仕も、或いはまた世の中で不死を得るための苦行も、神呪(しんじゅ)も、供犠(くぎ)も、祭祀(さいし)も、季節の荒行も、それらは、疑念を超えていなければ、その人を清めることができない。

(引用終) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs) 

Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now) (Official HD Video) - YouTube

www.youtube.com

 

(過去記事統合増補編集再録)

人生に意味はない(レベル1の話)無意味だから救いがある(レベル2の話)

生きるは無意味!でも●●な生き方はできる - YouTube

www.youtube.com

 

 

 おれは、このブログで「人生に意味はない」と繰り返し書いてきました。

 

もちろん世間の「良識」と真逆のけしくりからん主張だから、

人前で口に出せば、バカにされ、不憫な子扱いされます

(もうね、さんざ経験済み)

 

 

しかし、これは

 

仏教の基本的スタンス

 

なんです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 生命の実際は、(人間といえども)DNAレベルのプログラムが、そのつどの刺激に対して自動反応しているだけです。
 

 質問

一切皆苦の世界に、なぜ新たに(命を)生み出すのか?」

の答えは

「DNAプログラムの自動反応だから」

です。
 人間は、その反応を自分の意志でしていると思いたいので、「子孫存続」「尊い生命」などという屁理屈を後付したのだと思います。
 なぜなら、人間は生きるために意味と目的が必要だと感じるからです。
 子孫存続等の概念は

「みんな背に腹は代えられぬ切なさのあまりから割り出した嘘であります。そうして嘘から出た真実であります。…
要するに生活上の利害から割り出した嘘だから、大晦日に女郎のこぼす涙と同じくらいな実は含んでおります。…
わが身が危うければどんな無理なことでもしなければなりません。
そんな無法があるものかと力んで居る人は死ぬばかりであります。
だから現今ぴんぴん生息している人間は皆不正直もの」

(引用は「夏目漱石 文芸の哲学的基礎青空文庫から)

 


…この

 

確信犯的不正直

 

は、人類の知恵であって、ひとくちに悪いとはなかなかいえません。


※ 漱石の文章は、時間や空間という人間の持つ最根本観念について「大晦日に女郎のこぼす涙と同じくらいな実は含んでおります」が「背に腹は代えられぬ切なさのあまりから割り出した嘘であります」と説いたもので、だからまして子孫存続等の概念などはいうまでもないという趣旨で引用させてもらいました。


 

  

 

 
 
 
 
 
 
 大多数の人々は事実と真正面から向き合うことをしない。
あらゆる問題を解決するには、常に例外なくそうするしかないのに。
その代わりに、こうあって欲しいという、事実に反する幻想を望む。

かって、世界中の様々な宗教者が、その空気を読んで、人々の望みどおりの気休めの作り話を提供し、洗脳にかかった。騙されたがる者達は、望み通り上手に騙してくれる詐欺師を狂喜して受け入れた。

世間は我存在を絶対視したために、死など無いという作り話にしがみつくほかしようがなくなったのだ。
 
人々はその気休めの御神託に飛びついてしがみつき、目をつぶった。
 
 
 

 こうして宗教の洗脳が完成し、問題の解決は先延ばしにされ、局面がさらに悪化していった。

 

今だに世間に蔓延している、聞き古しの洗脳呪文。

あなたは、ありのままでいいんですよ。そのままで救われています。あなたはとっくに悟っています。あなたは永遠不滅の魂で、けっして死にません。すべてはうまくいっていて、あなたのどんな願いも、すでにかなっています。

何の問題もないと今すぐ気づいてください。

それだけでAll OKなんですよ

幸せなあなた!

幸せなあなた!あなた!あなた!

幸せな我!我!我!我!我!

 

 

 

 

(くどいのは重々承知ですが、
ここが肝どころなので
また繰り返します。
悪しからず) 
 
 釈尊の着眼は、
このような貪瞋痴にまみれた世間と真逆だ。
 
死は100パーセント確実だから、
世間が絶対視している
我存在こそが怪しい
 
と見抜いたのだ。

 

 人生の問題を解決する唯一の方法は、幻想を捨てて事実を受け入れることだ。
事実を受け入れることは問題解決の第一歩に過ぎないが、少なくとも確実にいえるのは、これ以外の方法では問題解決が不可能になるということだ。

誰でも死ぬから、人生は無意味だ。
これは疑いようのない明白な事実だ。

しかし「死んでしまうんだから人生に意味無し」と口に出せば、世間で馬鹿扱いされるのがおちだろう。
世間は問題解決の第一歩が怖くて踏み出せなかったので、みんなで共同幻想に逃げ込んだからだ。
最大のピンチこそ最大のチャンスかもしれないとは夢にもおもえない臆病者達。

 
一切皆苦と明言した釈尊は逃げなかった。
いや、逃げようがなかった。
人生は無意味だとはっきり気づいた人に、逃げるという幻想の脇道がもはや存在しないので、残った事実という一本道を行くしかないからだ。
 
釈尊は最後まで真っ直ぐ突っ切って、問題を正面突破で見事に解決した。

おれも逃げることだけはしない、逃げようがない、最後までたどりつけなくても。

 

 

さて、ここまでは良い。レベル1無事終了。
そう、これまだレベル1なんですよ。
 
はい次、レベル2に移ります。

せっかくここまで間違わずに正しい道を進んできたのに、大多数の者は次の一歩で大きく踏み外し、あっという間に奈落の底にもろとも転落していく。

 

真実に目覚めるとは、結局

苦しい現実を喜んで生きようと自分で決心しなおすことだ

という、アホみたいな結論になる。

 

ニーチェが「強者の完全なニヒリズム」「超人」などと自賛して以来、追従者を増殖させてる妄想だ。

これ、頭で考えるだけでブッダ直説の修行ができない輩の、あつかましい自己正当化に過ぎません。

時が経ち、この妄想が拡散しステレオタイプ化し、今や賢愚の別なくみんな申し合わせたように、この結論に落着する。

 

 

 夢から覚めることが、単に
また最悪の現実に戻って全力でのめり込むこと
(War das das Leben? Wohlan! Noch Ein Mal!)
なんかであるはずないやろ。

ちょっと冷静に考えたらわかりそうなもんだろうに。
 
 


真実に目覚めるとはそんなことではない。


ブッダの教えをよくよく聞けば、
「目覚める」の真の意味がきっとわかる。

 

ブッダの感興のことば26・17 より引用します)

見られたことは見られただけのものであると知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことはまた同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別されただけのものであると知ったならば、苦しみが終滅すると説かれる。

(引用終)

 

 「目覚める」とは、

見られたことは見られただけのものであると知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことはまた同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別されただけのものであると知

ることだ。

 

 

 

 

 

自然状態の人間は、生まれてから、さあいよいよ死ぬというその瞬間まで、色・受・想・行・識に執着するのが性だから、このブッダの教えを聞いてすぐわかる者はブッダ在世中でも少なかった。

 

しかし、今でも自己省察に至るまでよくよく考えれば、やがて必ずわかることとおもう。

 

脳で考える限り、言葉で考えており、

言葉の考えは必ず「俺、俺のもの」に害され支配される。

 

これが

身に刺さった矢である

と気づいたなら、ブッダヴィパッサナー実践法の意味と価値に気づく。

 

 

 

サティ
「瞬間の現在(今・ここ)」に気づくこと。

ヴィパッサナー実践
「瞬間の現在」に気づき続けること

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (My Favorite Songs)

Santana - Soul Sacrifice 1969 Woodstock live concierto HQ - YouTube

www.youtube.com

 
 
 
 
 
 
平日1皿90円をやめたはま寿司。
日曜日に行ってみた。
全体にネタの質少しアップしてる気する。

9皿990円。

 

(過去記事統合増補編集再録)

映画「ソロモンの偽証 前・後編 」

何年か前にゲオレンタルで観た、
「ソロモンの偽証 前篇・事件」
「ソロモンの偽証 後篇・裁判」を
GYAO!で再視聴した。10月6日(木)まで

ソロモンの偽証 前篇・事件

10月7日(金)まで

ソロモンの偽証 後篇・裁判

 

GYAO!情報より引用させていただきます。

作家・宮部みゆきの最高傑作。衝撃と感動のヒューマン・ミステリー超大作、誕生。
ベストセラー作家・宮部みゆきの最高傑作が映画化! 構想15年にして、連載9年! 宮部みゆき作家生活25年の集大成にして最高傑作と謳われるミステリー巨編・売上累計300万冊超えの大ベストセラー「ソロモンの偽証」を完全映画化。
[前編]

クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三中学校の校庭で2年A組の生徒・柏木卓也の死体が発見される。警察も学校も飛び降り自殺と判断するが、後日、学校関係者のもとに、柏木の死は自殺ではなく、大出俊次をリーダーとするいじめグループによる殺人だったと訴える匿名の告発状が届く。やがてそれはマスコミにも伝わり、ワイドショーを連日賑わすことに。それでも学校側は穏便に事を収めようと後手を踏むばかりで、事態は悪化の一途を辿っていく。そんな中、事件の第一発見者で2年A組のクラス委員を務める藤野涼子は、大人たちには任せておけないと、自ら真実を暴くべく立ち上がる。そして、全校生徒に対し大出を被告人とする学校内裁判の開廷を提案する藤野だったが……。

[後編]

前代未聞の中学生による校内裁判、遂に開廷。被告は、告発状によってクラスメイト殺害の嫌疑がかけられた問題児。校内裁判の提案者である藤野涼子は検事として、彼の有罪を立証しようとする。対する弁護人は、他校生ながら裁判に参加する神原和彦。さまざまな思惑が絡み合う中、真相を究明しようと彼らは必死に奔走する。そして、裁判は思いもよらぬ人物の【証言】で幕を閉じる。真相を知った彼らが、その先に見たものは――。

『ソロモンの偽証』予告編 - YouTube

www.youtube.com

 


中学生たちが、いじめが原因で起こったとされる事件の裁判を自分たちで見事にやり遂げる物語。

 

 

おれが中高生なら、飛躍したリアリティに刺激を受けながら熱中して観れたとおもうが、

今のおれは、棺おけ片足爺なんでそれは無理。特に後編が。

それでも、良質のエンターテインメントとして十分楽しく魅せてもらえた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (My Favorite Songs)  

怪作映画「美しい星」

GYAO!で無料視聴できます。10月6日(木)まで

美しい星 

 

GYAO!タイトル情報より引用させていただきます。

この広い宇宙の片隅で、突然「宇宙人」として覚醒したちっぽけな家族。“美しい星・地球”を救いたい──使命を手にした喜びに、家族の心は活気づく。けれど、彼らの大真面目な営みは哀しいほどに滑稽で、星はそんなことなどお構いなしに、悠々自転を続ける。

“当たらない”お天気キャスターの父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎて周囲から浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚をもて余す主婦の母・伊余子。そんな大杉一家が、ある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人として覚醒。“美しい星・地球”を救う使命を託される。ひとたび目覚めた彼らは生き生きと奮闘を重ねるが、やがて世間を巻き込む騒動を引き起こし、それぞれに傷ついていく。なぜ、彼らは目覚めたのか。本当に、目覚めたのか――。そんな一家の前に一人の男が現れ、地球に救う価値などあるのかと問いかける。

ある日突然、宇宙人に覚醒した家族の先には/映画『美しい星』予告編 - YouTube

 

 

三島由紀夫原作のコメディ仕立ての作品は

夏子の冒険

観た時にも思ったことだが


「いちおうコメディ仕立てだけど、

1ミリも面白くないダジャレを連発するおっさんのドヤ顔を見せられてるような居心地の悪さがずっと続く」

三島は、現代的なお笑いの才能0だ。

しかし

「夏子の冒険」もこの「美しい星」も、笑えはしないが、
しっかりした内容があり見ごたえのある名作になっているのは、原作の濃厚な思想性の成果だとおもう。

 

作者は登場人物(黒木克己 1時間37分頃)


自然が美しいのではなく、

自然を美しいと感じるんです、人間が。
しかし、その自然に人間は人間を含めない。…
この矛盾…


と語らせている。

部分的に仏智と繋がってるが、
思い付きレベルで単発的、
不十分で役に立たない。
間違った妄想的思考に陥る。

 

 

 

 

 

人間は常に、物欲しそうな探索意識の上で色・声・香・味・触・法を歪めて処理する宿痾がある。

無自覚でautomaticに行なうから容易に気づけない。ようやく気づいても、一切改めず本能的に居直るので、糞の役にも立たん。automaticは楽ちんだからね。

欲にまみれた自我の正当化→手放しの自我神格化

までの、いつものワンパターンコースを走り切って滅びる。

「美しい星」は、そういう絶望的寓意物語だとおもう。

 

日本でこんな振り切った設定の怪作はめったにないので、観ることができて嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (My Favorite Songs)  

Britney Spears live Womanizer - Star Academy (4K) - YouTube

www.youtube.com

 

Britney Spears - Lucky (Official HD Video) - YouTube

www.youtube.com

 

Britney Spears - Toxic (Live ABC Special 2003) [Remastered 4K 50FPS | FIXED AUDIO w/ Live Vocals] - YouTube

www.youtube.com

 

(過去記事増補編集再録)

クラウドファンディング記念再配信 ブッダ究極の教え 幻覚から目覚める

幻覚から目覚めるーースマナサーラ長老『スッタニパータ「犀の経典」を読む』より|クラウドファンディング記念再配信 - YouTube

www.youtube.com

動画概要欄から引用させていただきます。

…”犀の角のようにただ独り歩め(eko care khaggavisāṇakappo)”というフレーズがよく知られている最古層のパーリ仏教聖典を読み解く連続講義の第一回です。クラファン企画が進む『スッタニパータ「犀の経典」を読む』のもとになった講義をいま一度ご覧ください。…


(和訳:中村元ブッダのことば スッタニパータ』岩波文庫

孤独は怒りではない
Sabbesu bhūtesu nidhāya daṇḍaṃ, aviheṭhayaṃ aññatarampi tesaṃ;
Na puttamiccheyya kuto sahāyaṃ, eko care khaggavisāṇakappo.(35)
あらゆる生きものに対して暴力を加えることなく、あらゆる生きもののいずれをも悩ますことなく、また子を欲するなかれ。況(いわん)や朋友(※伴侶)をや。犀の角のようにただ独り歩め。

愛着はタダではない
Saṃsaggajātassa bhavanti snehā, snehanvayaṃ dukkhamidaṃ pahoti;
Ādīnavaṃ snehajaṃ pekkhamāno, eko care khaggavisāṇakappo.(36)
交わりをしたならば愛情が生じる。愛情にしたがってこの苦しみが起こる。愛情から禍い(わざわい)の生じることを観察して、犀の角のようにただ独り歩め。

友人の問題
Mitte suhajje anukampamāno, hāpeti atthaṃ paṭibaddhacitto;
Etaṃ bhayaṃ santhave pekkhamāno, eko care khaggavisāṇakappo. (37)
朋友・親友に憐れみをかけ、心がほだされると、おのが利を失う。親しみにはこの恐れのあることを観察して、犀の角のようにただ独り歩め。

(以上)

 

 

 

〔メモと感想〕

スッタニパータ「犀の経典」は、

出家修行者限定のマニュアルだ。

世間の人が、自分勝手に真似すると、命にかかわる危険が生じかねない。

 

説法を聞いたからって命までとられまいと思うのは大間違いだ。


釈尊は蛇喩経で警告している。

蛇の尻尾を掴んだら噛まれて死ぬか、死ぬほどの苦痛に長く苛まれることになる。蛇を正しく掴まなかったからだ、

と。

 

(蛇喩経 片山一良訳)より

誤って把握されたそれらの法は、かれらに、長く不利となり、苦となります。それはなぜか。比丘たちよ、もろもろの法が誤って把握されているからです。 …

よく把握されたそれらの法は、かれらに、長く利益となり、楽となります。それはなぜか。比丘たちよ、もろもろの法がよく把握されているからです。

(引用終)

 

 

 

いつ死ぬかもしれん我ら人間には、

食欲性欲を楽しむ以上の幸福はない。

 

などと言う奴は愚者だと、

実は、大多数の人々だって分かってるのだ。

 

理由は、

最大の苦しみの中で得る微々たる楽しみ

を評価しがたいです。スマナサーラ長老)

 

しかし、

大多数の人々は、

その評価しがたい生き方

しかしない、できない。

 

理由は、

ほかの生き方を一切知らない

からだ。

 

 

 

 

 

 

 

この経典は

 

emotional detachment-distancing

 

を推薦しています。スマナサーラ長老)

 

 

世間の人々というのは、コロナ禍での

 

social distancing

相手と物理的に離れていること

 

さえ暗く感じ、嫌でしょーがないのだ。

 

ましていわんや、

 

emotional distancing

感情にとらわれず離れていること

 

など究極に暗いと感じ、

想像さえしたくないだろう。

つまり、

苦しみながら、その苦しみに夢中なのだ。

苦に夢中なら、当然苦から解脱できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブッダの明晰判明で真に革命的な教え。

Suttanipâta 50 根本仏教講義23刺激論6「囚われずに歩む」より引用させていただきます)

 

外に見えるもの、聞こえるもの、匂うもの、味わうもの、触れるもの、考えるものは、
美しく、おいしく、喜ばしいものである。
これらはあらゆる形をとって(様々に変化し)心を混乱させる。
欲望の対象(色声香味触法)には恐ろしい災いがあることを見て、あらゆるものから離れるべきである。
(以上)

 

 

 

だれもかも

 

色声香味触法は、美しく、おいしく、喜ばしい

 

とのみ思うだけで

 

色声香味触法には、恐ろしい災いがある

 

という端的な事実に気づく人が、古今東西怖いほど極度に少ない。

(スマナサーラ長老のSuttanipâta 50解説は「犀の角」を読む③1:38:35 を視聴してください)

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

孤独行の結論(人間関係の本質を説く)
Bhajanti sevanti ca kāraṇatthā, nikkāraṇā dullabhā ajja mittā;
Attaṭṭhapaññā asucī manussā, eko care khaggavisāṇakappo.(75)
今の人々は自分の利益のために、交わりを結び、また他人に奉仕する。今日、利益をめざさない友は、得がたい。自分の利益のみを知る人間は、きたならしい。犀の角のようにただ独り歩め。

(以上)

 

 

 

犀の角の経《Suttanipata-Khaggavisaana》は

 

我々、パーリ語で仏教を学ぶ人々は最後の最後に学んでみようかな~と挑戦する一番、難しいものです。怖くて触りたくもない経典です。

 

私たちの頭で理解できる範囲の経典ではありません。

 

というスマナサーラ長老の警告を肝に銘じたい。

 

ちょっとした訳の思い違いより、こっちの思い違いのほうがはるかに深刻だ。

 

最高の目的とはなにを指すか、あらゆる生きものに対して暴力を加えることなく、あらゆる生きもののいずれをも悩ますことなくとは実際のところ、なにを指示しているか。


最初読んだ時、なんとなく気に入り「これは怖い」などと感じなかった。

意味内容を誤って把握していたのだ。

 

 

 

 

 

サティ
「瞬間の現在(今・ここ)」に気づくこと。

ヴィパッサナー実践
「瞬間の現在」に気づき続けること

 

 

 

(過去記事増補編集再録)

映画「オープン・ユア・アイズ」の真の意味とは

名作「オープン・ユア・アイズ」が今

GYAO!で無料視聴できます。10月20日(木) まで

オープン・ユア・アイズ

 

GYAO!情報より引用させていただきます。

自分が犯したことを覚えていない殺人のために精神科の刑務所に入れられた後、セサルの唯一の望みは、悪夢のような状況に終止符を打つための答えがある夢の中の潜在意識を深く掘り下げて考えることだ。

 

 
 オープン・ユア・アイズ(目覚めよ)の真の意味とは?

目覚まし時計の声でないくらいは誰でもわかる。
そんな説明に映画を作ったりはしない。

 

 

 

 

 

 1997年のスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」はトム・クルーズが2001年「バニラ・スカイ」としてリメイクした。

 

 

現実とは「悪い夢」だと気づいた者が「良い夢」を作り出す。
善い夢を見ているのは、悪い夢を見ているよりはましだといえる。

しかし、その両方とも夢に過ぎないと気づいた者は、すべての夢から覚めることを願う。
人生で一番の大事は、善い夢を見ることではなく、
夢から覚めることだ。


ここまでは良い。

せっかくここまで間違わずに正しい道を進んできたのに、大多数の者は次の一歩で大きく踏み外し、あっという間に奈落の底にもろとも転落していく。

 

「目覚める」とは、結局

苦しい現実を喜んで生きようと自分で決心しなおすことだ

という、アホみたいな結論になる。
賢愚の別なくみんな口をそろえてそういう結論になる。
映画もそういう結論になっている。

 

なんじゃそらそら!

 

 夢から覚めることが、単にまた最悪の現実に戻って全力でのめり込むことなんかであるはずないだろう。

ちょっと冷静に考えたらわかりそうなもんだろうに。

頭で考えるだけでブッダ直説の修行ができない輩の、あつかましい自己正当化に過ぎない。



「目覚める」とはそんなことではない。


ブッダの教えをよくよく聞けば、
「目覚める」の真の意味がきっとわかる。

 

ブッダの感興のことば26・17 より引用します)

見られたことは見られただけのものであると知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことはまた同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別されただけのものであると知ったならば、苦しみが終滅すると説かれる。

(引用終)

 

 「目覚める」とは、

見られたことは見られただけのものであると知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことはまた同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別されただけのものであると知

ることだ。

 

 

 

 

 

自然状態の人間は、生まれてから、さあいよいよ死ぬというその瞬間まで、色・受・想・行・識に執着するのが性だから、このブッダの教えを聞いてすぐわかる者はブッダ在世中でも少なかった。

 

しかし、今でも自己省察に至るまでよくよく考えれば、やがて必ずわかることとおもう。

 

脳で考える限り、言葉で考えており、

言葉の考えは必ず「俺、俺のもの」に害され支配される。

 

これが

身に刺さった矢である

と気づいたなら、ブッダヴィパッサナー実践法の意味と価値に気づく。


→[関連記事]

kidukikokyuu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

Michael Jackson and Prince on stage with James Brown (1983) - YouTube

www.youtube.com

Prince Live - Play that funky Music - Hollywood Swinging - Fantastic Voyage 4/28/11 - YouTube

www.youtube.com

 

(過去記事増補編集再録)

「足るを知る」の実践は前後裁断(サティとヴィパッサナー)

「知足(足るを知る)」の実践はこんなに簡単です!|スマナサーラ長老の切り抜き法話【字幕付き】 - YouTube

www.youtube.com

 

〔メモと感想〕

「知足」は一番簡単でしょ

私は 今の瞬間で 得るものは

決まってるしね

「知足」って自然法則で

今の瞬間に 自分に触れてるもの…

今の瞬間に 自分の眼耳鼻舌身

に触れるものは

も 触れちゃってるんだから

それでま しょうがないと

それだけや と

 

 

迂闊うかつに聞くと、知足とは

弱虫の言い訳のようだが、

決してそうではない。

 

 

おれがおもうに、完全なる知足は、

弱者の自己保身術などではなく、

最高の幸福を得たブッダに現れる

自然な生活態度ではないかと。

すなわち、知足こそは

悟りの姿なのだとおもう。



苦痛のない状態にあって、しかも退屈がなければ、大体において地上の幸福を達成したものと見てよい。
それ以外はすべて架空だからだ。

ショーペンハウアー「幸福について」橋本 文夫訳)



平均人は、「苦痛のない状態」を幸福と感じ続けることができず、じきに退屈→不幸感というまちがった道へ入ってしまう。

快楽を求めて、「苦痛のない状態」をあっさり捨てる。

つまり、今や不幸感ではなく本物の不幸へ、すなわち苦痛の状態に陥る。

その後、この現実の不幸から運よく逃げおおせた者は「幸福」を感じる。

しかし、その「幸福」は、いちばん最初の「苦痛のない状態」よりましなものだろうか。

ここのところを、妄想せず、事実を直視できる人間は驚くほど少ない。

 

 

「知足」は一番簡単であるが、

易往而無人いおうにむにんの消息があり、

それゆえ体得者は極めて少ない。

 

欲楽の追究に幸福はないと明晰判明に知った者に、初めて垣間見える積極的境地だ。

この境地に、実際に達するのは容易ではない。

 

 

自然破壊に加担せずに、満足を感じるのは、

 

知足

 

以外ありえない。

 

 

 

 

足ることを知ると云うことは、
前後を裁断してそれになり切る

と云うことである

澤木興道[禅談]「少欲と知足」より。強調処理は私です)

 

この言葉によって、

おれに初めて

「知足」の真の意味がほの見えた。

 

そして、後年この

 

前後裁断

 

の具体化こそ

サティとヴィパッサナー

に他ならないと

気づくことになる。

 

 

 

サティ
「瞬間の現在(今・ここ)」に気づくこと。

ヴィパッサナー実践
「瞬間の現在」に気づき続けること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

APOCALYPSE NOW Clip - Ride of the Valkyries (1979) Francis Ford Coppola - YouTube

www.youtube.com

 

Paranoid - Full Metal Jacket - YouTube

www.youtube.com