哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

幸福を人生の目的にすると、おかしなことが起きる

 数年前から、週一実施のウォーキング会に参加している。

 

 以前、リード役の一人であるおばさんの信念で、幼稚園的遊戯、全員で縦一列の電車ごっこをしながら「わたしに続いて大声で笑って。あっはっは、あっはっは」これを何度も繰り返した。「作り笑いがほんとの笑いになる」と。
 
それっていいことなのか?

 

 次の週に別のおばさんが、
前回の「あっはっはおばさん」に共感するスピーチをした。
これからも大いにやろう「みんなでやれば怖くない」からみたいに激励する。
 
「みんなでやれば…」は揶揄をこめた反語で、やるもんじゃないという意味だと思うが。

こんな偏執が流行りだせば、おれはこの会から速やかに離脱する。

 

  思うに、おばさんの人生の目的は、幸福なのだ。
(もちろんおれだって不幸より幸福がいいに決まってるが、人生の目的にはしない)

 ショーペンハウアーは「幸福論」のなかで

最も直接的にわれわれを幸福にしてくれるのは、心の朗らかさである。…朗らかさが今来ては困るという時はない。
(「幸福について」2橋本文夫訳)
 
と言っている。

つまり、幸福目的ならおばさんは正しい。
ワザと笑うことで、朗らかになれる人が、そうするのは当然だからだ。
 

朗らかさにとって…健康ほど有益なものはない。

とも言っている。
つまり、ウォーキングに皆勤参加して、自分たちなりに楽しくなるためにワザと大笑いし、休みなく空談しながら朗らかに歩くおばさんたちは、まことに幸福の法則にかなっている。

 

 それでも、おれは一言だけ究極の反論をしておく。

 幸福は人生と何の必然的関係もない。
幸福が、人生の問題を解決することは一切ないからだ。

これは、残念ながら、おばさん達には、猫に小判馬に念仏で、さあいよいよ死ぬというその瞬間まで理解しない。
 
 
[関連記事]

 

 

 おれは、昔から考え続けている疑問がある。
「自分を王様だとか神様だとか事実誤認して幸福だとおもい込んでいる精神病院の患者は、本当に幸福か」という疑問が。

大多数の人は「本人が幸福を感じてるんだから幸福に決まってる。他人がいくら気の毒がろうとも、本人は自分が精神病だと気づいてないから関係ない」とおもうだろう。
自分が幸せだと感じてればそれだけでオッケーってことだ。非常に多くの人が結局そういう考えだとおもう。人生の目的が幸福で止まっている。

 それだとこの先、副作用のない麻薬が開発されて「幸福薬」として売りだされたら、みんな飛びつく。
それさえ飲めば幸福な良い人生ってことになるわけだから。

 幸福を人生の目的にすると、様々おかしなことが起きる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (My Favorite Songs)  
グッド・バイブレーション
 
 
 
(過去記事統合増補編集再録)

 

 
 
 

神仏と大衆の間で玉虫色になる専門家たち

 以前テレビで、仏教や神道キリスト教に関する国民の疑問に、僧侶や神主や牧師が答える番組を見た。

 

 

 

 確固たる神仏の教えが一方にある。

他方、大衆には、神仏の教えがこうあってほしい、のみならず、こうでなければ容認しないという頑固な意向がある。

 

 国民の税金や信者の援助によって維持されている寺や神社や教会の経営責任者スタンスの一面を持つ者達が、この間に挟まれて、苦し紛れに発明した、国民大衆の意向を全面的に是認しながらも、神仏開祖の教えにも反しないふう玉虫色の伝統的折衷案のかずかずが、番組の中で披露されていく。
その注意深く巧みになされた賢い解釈と説明の百花斉放を聞いて、これは皮肉で言うのじゃなく、心底感心した。

しかし、この種の賢さはいくら極めても、肝腎の悟りや救いの為に何の貢献もしないのが事実だとおもう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(My Favorite Songs)  
 
 
(過去記事統合増補編集再録)

2001年宇宙の旅

 SF映画の金字塔の誉れ高い「2001年宇宙の旅」だが、
意図的冗長描写に、過去何度か前半で厭きてしまった。
 
今回こそはと決意、初めて最後まで観た。
 
最終的に、なんじゃこりゃ感はぬぐえなかったが。
 
 

www.youtube.com

 

 キューブリック監督は腕のいい職人肌の芸術家だが、ちょっと山師でもあると思う。
もっとも、本物の芸術家が山師の一面を兼ねるのはなんら悪いことではなく、むしろ必然だ。
自分の作品を100%理解して作り上げるのは単なる職人であって芸術家ではないからだ。
「作ったものの、自分でもよくわからない代物で」と正直に認めたくなければケレン味で撹乱するしかない。それは作品自体の中でもおこなわれる。
もしだれかが『2001年宇宙の旅』を完全に理解したら、私達は失敗したことになるんです
と言ったそうだ。
 
誰よりも作者側が完全に理解してない事実を、こういう風にカッコよく表現したわけで、これも山師っぽい。
 
とはいえ、50年以上前に公開された映画が、根幹部分は、今観ても全く古びていない。これは、驚くべきことだ。
2001年宇宙の旅』が、エポックメーキングな名作であることに疑いはない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(My Favorite classical music ) 
 
 
(My Favorite Songs) 
 
 
(過去記事統合増補編集再録)
 

ブッダの「毒矢のたとえ」人間は何でもするが、毒矢を抜こうとだけはしない

法話から引用させていただきます。
 
…毒矢のたとえ話を強く心に刻んで覚えておかないと、ブッダの教えは、自分の役に立ちません。ヴィパッサナー瞑想をして悟りにまで至る人がゼロに近いのも、そこなのです。皆、「誰が矢を撃ったのか」と調べようとするのです。自分の問題を置いておいて「輪廻などあるのか、神はいるのかいないのか」ということばかり考える。あるいは「姑さんが悪い、職場が悪い。だからなんとかしなくちゃ」と瞑想しようとする。そういう「思考・妄想」を置いておいて、自己をありのままに観察するのがヴィパッサナーです。自分の心をありのままに観察すると、自分が直るのです。他を直すのではなく自分を直すのです。自分の心の問題を解決することこそ、何よりも大事なことなのです。人は、人間として生まれた時点で、必ず、基本的に解決しなければならない「生きる苦しみ」をかかえているのです。初めから矢に刺されている状態です。でも「誰がこの矢を撃ったのかわかるまで、この矢に触るな」と言い張るのであれば、どうしようもない。どんな道を選ぶかは各自の自由なのです。
[引用終。強調は私です]

 

 

 

 

 

 ブッダの「毒矢のたとえ」の重要性を、おれはすでに何度も書いてきた。
しかし現実世界は昔も今も「誰が矢を撃ったのか」と調べようとする人が大多数だ。「姑さんが悪い、職場が悪い。だからなんとかしなくちゃ」乃至「輪廻などあるのか、神はいるのかいないのか」の追究には無我夢中にもなるが、じつに
毒矢を抜こうとだけはしない。

 

これはそもそも毒矢が刺さっている事実に気づいてさえいないからだと思って、過去記事に
 
 有名な毒矢のたとえの哲学青年マールキヤプッタは、自分にささった矢を抜くなと主張している者ではない。
マールキヤプッタは、そもそも自分に矢が突きささっているとは思っていなかったのだ。苦聖諦の気づきがなかった人だったのだ。
 
と書いた。
 
「毒矢のたとえ」は、絶妙の対機説法に導かれて、ついにマールキヤプッタが自分にささっている矢に気づく、苦聖諦に気づく話なのだ。
「人は死んでも、自分は死なない」という昏深の迷妄から目覚めることができた者の話なのだ。

日常人は死んでもなんとなくまだあとがある気分でいるから、それでサティを実践しても三日坊主にもなれずに終わる。
じっさい、あなたの心が苦を知らなければ、幾ら言葉や文字で真剣に学んでも、数分間のサティすらまともに維持できないだろう。

 

 大多数の人々の(口先ではなく)行動が現す考えはこうだ。
生老病死など苦ではない、なぜなら生まれた以上だれでも老病死するのだから、そんなことで悩むのは無駄、そんなことより日々眼前の「姑さんが悪い、職場が悪い。だからなんとかしなくちゃ」等に全力で取り組むべきだ。
 
 
 
 

 これが正に、タイムリミットのある人生の優先順位も知らず「誰がこの矢を撃ったのかわかるまで、この矢に触るな」と言い張っている愚人と同じだと気づかない。
のみならず、信じられないほど愚かなことだが、人間は、毒矢の痛みに泣き笑い呻き叫び、そのように熱中没頭して毒矢を楽しんでいる。
人間の実態は、苦に無我夢中であることなのだ。
 

 

 これではブッダでも「どうしようもない。どんな道を選ぶかは各自の自由なのです」と言うしかない。
実際ブッダは、

わたしは目的地までの正しい道を教えるが、
それでも行こうとしない者の責任はとらない

とはっきり言っている。

 

ブッダの感興のことば27・7,8 中村 元訳)
より引用させていただきます。
 

人々は自我観念にたより、また他人という観念にとらわれている。

このことわりを或る人々は知らない。

実にかれらはそれを(身に刺さったであるとはみなさない。

ところがこれを、人々が執著しこだわっている矢であるとあらかじめ見た人は、「われが為す」という観念に害されることもないし、「他人が為す」という観念に害されることもないであろう。

 
(引用終。強調は私です)

 


 自我観念にたよれば、必然他人という観念にとらわれざるを得ない。不老不死永遠不滅のわが魂というエゴイスティックな妄想にもとらわれざるを得ない。
自我観念にたよれば、いじめから戦争に至るすべての争いはとめどなく続かざるを得ない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(My Favorite Songs)
 
 
 
(過去記事統合増補編集再録)

 

 

上座部仏教文化圏の空気感を学べる映画

 おれは昔、この『キング・ナレスワン』シリーズを観て、タイ映画の醍醐味を知った。
歴史大作映画を面白く楽しんだだけなのに、観終わってみると、思ってもみなかった嬉しい収穫があった。
それは、仏教解説書などいくら読んでもわからない、上座部仏教の普及によって、東南アジアに形成された、独自文化圏の空気感をちょっと知ったことだ。
おれにとって、これは得難い体験だ。

 


ウィキペディア「キング・ナレスワン」
より引用させていただきます。

…1590年から1605年の間シャム王国を治めた王ナレースワンの人生を描いた歴史大作。

2001年の作品『スリヨータイ』に続く、タイ映画史上最大級の制作費が投じられた作品。…

www.youtube.com

 

 

 『キング・ナレスワン』第二部 ~アユタヤの勝利と栄光~
こちらも面白いのでお勧めです。
 

 
 
 ちなみに『キング・ナレスワン』シリーズは第六部まで続く超大作だし「セマ・ザ・ウォリァー」など関連作もあり、いったんハマると長く楽しめます。 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(My Favorite Songs)

www.youtube.com

 
(過去記事統合増補編集再録)
 

映画「セブン」この世界は最悪だ だから戦うしかない


 数十年ぶりかで観なおした
往年の名作映画「セブン」
 

ウィキペディア「セブン」

より引用させていただきます。

 

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス。先鋭的な映像センスと、ノイズを活用した音響により、シリアスかつダークな独特の世界観を描いている。

4週連続で全米興行成績1位に輝いた大ヒット映画…

 

www.youtube.com

 

 おれの記憶では、犯人が撃ち殺されて画面がズーム・アウト…で、この映画が終わるはずだった。

ところがその後に、非常に重いナレーションがあった。
おれは今日まで、それを完全に忘れていたことがわかった。

 

そのセリフは

 ヘミングウェイが書いてた。
「この世界はすばらしい。
戦う価値がある」
と。
後の部分は賛成だ。
 
であった。

 

 
 
つまり、事態はより厳しくて

この世界は最悪だ
だから戦うしかない

or

この世界は最悪だ
だから戦う価値がない

の2択だが、
これからも生きていくなら
無理でも前者を選べと云っていたのだ

 

 

 当時のおれは、この過酷な結論を恐れ、自分の記憶を消去するという姑息な対応をしたようだ。
 
人間の無意識は、こんなその場しのぎの忌避策を常用している。
(そのせいで、次第に自分で自分を袋小路に追い込むのだが)

…自殺したヘミングウェイも、せめてこの世界はすばらしいと想っていたかったのだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(My Favorite Songs)

www.youtube.com

 

 
(過去記事統合増補編集再録)

 

 

愛のさざなみ 島倉千代子

島倉千代子
「愛のさざなみ」 
 

 

この世に神様が 本当にいるなら 
あなたに抱かれて 私は死にたい
ああ湖に 小舟がただひとつ 
やさしくやさしく くちずけしてね 
くり返すくり返す さざ波のように  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

www.youtube.com

 

(過去記事統合増補編集再録)