哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

永井荷風「断腸亭日乗」

朝。

干し白菜とチーズと卵の具でホットサンド。

最近、毎朝飲むプロテイン+はちみつ

 

 

 

 

昼。

昨日の記事で、大型商業施設の休憩スペースが消滅してた話を書いたが、まだあと一ヵ所利用できる施設が残ってる。遠からずこれも消えると予想してるが。

ここは家から徒歩6分の最寄駅から1時間に1本出てる無料送迎バスに乗って行く。今日は1110発に乗り1135到着。2F定位置のソファーに座り自家製弁当をゆっくり食べながら朗読を聞く。

昨日から永井荷風「断腸亭日乗」を聴いてる。

朗読を楽しむ 永井荷風「摘録 断腸亭日乗」昭和11年


www.youtube.com

 

実は昨日何気なく聞いた「断腸亭日乗」の最初が、昭和34年分だった。4月29日で終わってる。次の日に急死したからだ。気になってググってみた。永井荷風は昭和の激動期を通して、この日記を死ぬ前日まで42年書き続けてる。尋常の決意で成せることではないとおもう。とりあえず、YouTubeにある限りの「断腸亭日乗」を全部聴くつもりだ。

 

おれの最も好きな文学者である坂口安吾は、
通俗作家 荷風
―『問はず語り』を中心として―

で、荷風を激烈な言葉で痛罵してる。

荷風といふ人は、凡そ文学者たるの内省をもたぬ人で、江戸前のたゞのいなせな老爺と同じく極めて幼稚に我のみ高しと信じわが趣味に非ざるものを低しと見る甚だ厭味な通人だ。……

 荷風においては懐古趣味の態度自体が反文学的であり、彼には新しき真実などは問題ではなく、失はれたる過去をなつかしむといふだけの、そして新しきものが過去に似ないことによつて良くないといふだけの、最も通俗安直な懐古家にすぎないのである。
 荷風の人物は男は女好きであり女は男好きであり、これは当然の話であるが、然し妖しい思ひや優しい心になつてふと関係を結ぶかと思ふと、忽ち風景に逃避して、心を風景に托し、嗟嘆したり、大悟したり、諦観したり荷風の心の「深度」は常にたゞそれだけだ。
 男と女とのこの宿命のつながり、肉慾と魂の宿命、つながり、葛藤は、かく安直に風景に通じ風景に結び得るものではない。荷風はその風景の安直さ、空虚なセンチメンタリズムにはいさゝかの内容もなくたゞ日本千年の歴史的常識的な惰性的風景観に身をまかせ、人の子たる自らの真実の魂を見究めようとするやうな悲しい願ひはもたないのだ。
 風景も人間も同じやうにたゞ眺めてゐる荷風であり、風景は恋をせず、人間は恋をするだけの違ひであり、人間の眺めに疲れたときに風景の眺めに心をやすめる荷風であつた。情緒と道楽と諦観があるのみで、真実人間の苦悩の魂は影もない。たゞ通俗な戯作の筆と踊る好色な人形と尤もらしい風景とが模様を織つてゐるだけである。

(以上引用終)

 

安吾は、人生を傍観者としてながめ味わう態度、いわゆる低徊趣味を憎悪してる。

だからこれとほぼ同じ論旨で、余裕派ともいわれる夏目漱石森鴎外志賀直哉等そうそうたる大文豪も、ただの文章家に過ぎないとこき下ろしてる。

 

安吾の深度のある見識は、日本文学の中で特別に優れてると、おれはおもう。

名作堕落論」「続堕落論は、今でもおれのバイブルだ。

 

それに比べれば、荷風の見識の深度は確かに少し浅いとおもう。

しかし(おそらく意識的な)浅さゆえに、荷風には常に圧倒的に安定した余裕があり、

その余裕が、流れるような文章で墨東綺譚のような見事な物語を作り出す。

断腸亭日乗」は「墨東綺譚」の成立過程を著者自身が示す貴重な資料としての価値もある。

辻潤を餓死させ、大杉栄を絞殺し、幸徳秋水を処刑し、三木清を獄死させた昭和のトチ狂った暗黒社会に対して、荷風は死を賭してぶつかる勇気がない以上、自分は戯作者として生きるしかないと覚悟したのだ。まことに無理からぬ冷静な判断だ。ちなみに、荷風を尊敬してた谷崎潤一郎も(彼の作風によってより自然に)当時同様の選択をしたとおもう。両者とも、生涯異様なほど政治的言動が少ないのは、当然なのだ。

だから、安吾のほぼ全否定批評は酷で、これはこれで十分アリだとおもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

The Knightingales - Boogie Woogie Bugle Boy


www.youtube.com

なんだかなあの日

 

以前毎週のように隣町の大型商業施設の無料イートインスペースに通って、奥の定位置に座り、youtube法話や朗読を聴きながらゆっくりすごすのを習慣にしてた。

おれは家だと長時間集中して聴けない。情けないことに自由過ぎてかえって気が散ってダメなのだ。おれには「商業施設のイートインスペース」という、ゆるい公的空間の拘束力が、集中にちょうど良い具合なのだ。

約1か月ぶりに行ってみると、

目当ての休憩スペースの入口が弁当屋の売り場に変わってる。そしてここで弁当や総菜を買わないと休憩スペースは利用不可との注意書きが貼ってある。弁当食べた後何時間もゆっくりできる雰囲気じゃなくなってるし。

世知辛い世の中に予想通りに成っていくな~。

 

 

 

ラムーまでチャリ漕いで買い物。

日替広告品「大黒様の牛めし」税込298円。

帰宅。蓋開け一目見て、今日はハズレ引いたとさとる。食べると、やはり以前食べた時より煮込みが浅く味が薄くて美味しくない。これ特売の時は避けたほうが無難かも。

 

 

100g208円豚もも薄切りと1個350円がんもどきをいただいたので試食。

味普通、値段高すぎ。自分じゃ絶対買わんし買えん。

 

これも頂き物の冷食。レンジだけで意外に美味しい。値段訊かなかったけど、今や金持ちしか行かないセブンなので高そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (My Favorite Songs)

買物ブギ 笠置しず子


www.youtube.com

当世無視するのが流行の不浄随観の真価

ブッダの真理のことば ダンマパダ 中村 元訳)より引用させていただきます。
 あれこれの考えをしずめるのを楽しみ、つねに心にかけて、(身体などを)不浄きよからぬものであると観じて修する人は、実に悪魔の束縛のきずなをとりのぞき、断ち切るであろう。
(引用終)

 

当世「驚異の人体」とか賛美して、

身体は不浄でないとみなす世俗的願望はピークに達してる。

事実に反する。

自分を損なう質の悪い妄想でもある。

何の利益にもならない。

 

ブッダのことば「勝利」 中村 元訳より引用させていただきます。
《かの死んだ身も、この生きた身のごとくであった。この生きた身も、かの死んだ身のごとくになるであろう》と内にも外にも身体に対する欲を離れるべきである。

 このような身体をもちながら、自分を偉いものだと思い、また他人を軽蔑するならば、かれは盲者でなくて何だろう。

(引用終)


ブッダ
身体は不浄である
と言明してる。

人間中心の世俗主義的思考に馴らされた大多数の人々は、これがわからない。

重要なポイントは
仏道は自分で実行するためだけにあり、
からだが不浄であるという事実をふかく観じる
不浄随観がその貴重な入口だ

ということだ。



(パティパダー巻頭法話)スマナサーラ長老の法話より引用させていただきます。
 身体は穢いものです。それは事実です。その証拠にあなたは毎日のように入浴をするでしょう。
一週間ほどからだも顔も洗わず、歯も磨かず、下着もそのままにしていたらどうなるでしょう。結果は想像できますね。人間はみな美味(おい)しいものを食べます。しかし、美味しいと思ったその食品も口に入った途端汚いものに変化していきます。因(ちな)みに、自分の大好物な食べものをひと口噛んだあともう一度手のひらに戻しその大好物だった食品をよく観察してみてください。それからその一度噛んだ食品をもう一度口のなかに戻してみましょう。ちょっと常識ではできませんね。実際それをやらずとも想像するだけでも試してみる自信のある人などいないはずです。

 咳、痰、膿、尿、便、汗、鼻くそ、耳垢をはじめ、胃や腸など内臓など自分のものでないかぎり他人を不快にするものばかり人間一人一人が所有しているのです。さらに言えば、口から入ったものは内臓を下に行けば行くほど不浄なものに変わってしまい最後は大便として排出されてしまいます。人間の肉体はまさに不浄の塊、不浄の工場といった観があります。
 ところで、不浄随観(ふじょうずいかん)は仏教の冥想法のひとつです。からだが清浄なものとおもっている妄想概念を越えて、からだが不浄であるという事実をふかく観じることができると、まず快楽を求めるからだに対する煩悩が消滅しはじめます。高慢で自我中心的の間違いだらけの生き方に気づき、心が清澄になり、日頃の悩み、苦しみ、不安といった汚れた心がなくなっていきます。

 こうなると、もう安心です。心ははじめて真の安らぎを感じられるようになり、さらには、完全で清浄なる、人間本来の真の本体が輝きはじめ、すばらしい精神世界を目指して励む心にも、縦横な確信が湧出して身についてきます。もう、どんな悪魔にも負けることかありません。

(引用終)


不浄随観に
「本来汚いも綺麗もない」
と反論する人達がいる。

こういう人達は、坐禅を見ても
「座ろうと立とうと関係ない」
と言う。
知識が仇になってる。

真理は体得しなければ自己欺瞞になる。


悟った人の口真似をしててはダメだと気づかないのか。



上記スマナサーラ長老の法話の最後にこういう質問が設けられてる。

 すべての人は自分の身体を清浄だと思っていますが、他人の身体は自分にとっておなじように清浄だと思えますか?

あなたはどう答えますか?









 

 

 

 

(My Favorite Songs)
NIGHT FEVER - tribute to the BEE GEES | Live in Concert 2022

 

(過去記事編集再録)

冷凍餃子は両面焼きで。

 

安売時に買い貯めたレトルトカレー30パックの賞味期限が来た。1週間くらい前から連日このカレーを食べてる。

昨日今日は「刻み白菜の目玉焼きとじ」トッピングがマイブーム。白身だけ崩して、白菜を混ぜ固める。美味しい。

 

黄身も崩して両面焼バージョンにしてみたり。

玉子は完全に混ぜないほうが食感のアクセントが残って美味しい。

他にインディアンスパにしたり。飽きないように工夫しつつ、せっせと消費。

 

 

この頃の冷凍餃子は値段以上に美味しいと思うが、店で食べるバリっと香ばしく焼けたあの感じがもうちょっとほしい。

試しに両面焼いてみたら、

大正解!これからは両面焼一択だわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

Taylor Swift - Shake It Off/Finale (1989 World Tour) (4K)


www.youtube.com

 

「誠に勝手ながら……とさせていただきます」を乱用する日本

 

今日(20日)のネットトピックに
【台湾の友人が『日本の貼り紙』を見て? 指摘に「ハッとした」「マジでそう!」】
というのがあった。

「誠に勝手ながら、2月20日(日)店休とさせていただきます」の張り紙は初めと最後はいらない。「2月20日(日)店休」で充分と。「なぜ店休日を告知するだけで、こんなにもへりくだる?シンプルに要点だけを伝えればいい」と。

 

おれは以前から、店休ごときに使う「誠に勝手ながら……とさせていただきます」の文言は、単純な蛇足ではなく、二重敬語の慇懃無礼さと通底する、薄気味悪いなにかが奥にあると感じてた。日本人のダメなところの表徴だ。

でもいくら指摘しても治らんな。

「これのなにがダメなんですか!日本人の美点です!」と自慢する鈍感なやつらが、未だに大勢いるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

Brian Setzer Rockabilly Riot - Folsom Prison Blues (Live in OSAKA)


www.youtube.com

 

削り節「本格だし」と味の素「ほんだし」

 

以前一度記事にしたが、今でもたまに削り節の本格だしを取る。

このだしで米を炊き、味噌汁も作る。

 

だしがらも無駄にせず醤油みりん料理酒で炒り煮し、おかかにする。

 

だしで炊いた白米。
だしで作った味噌汁。
だしがらのおかか
質素だが、自然な香気に贅沢感がある

 

 

とはいえ…以前より作る回数は激減してる。理由は物価高という経済的なこともあるが、おれのバカ舌では、味の素ほんだしとの優劣が納得できるレベルで確認できないことが大きい。「本格だし」の香りは優れてるが、味の差は微妙…

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)
「春だったね」吉田拓郎広瀬すず

 

サスペンスの良作『地球が燃えつきる日』

地球が燃え尽きる日 予告編


www.youtube.com

youtube概要欄より引用させて頂きます。

そして人類は最期の瞬間を迎える
地球を貫通した隕石により、破滅をもたらす《ホワイトホール》が発生。 地球の自転は停止し、磁気圏は消滅した。 地球の半分は太陽に焼かれ、半分は闇の中に凍る。 地球は死の惑星と化してしまうのか? 人類に希望は残されているのか?

 

SFディザスター・パニック映画フル『地球が燃えつきる日』映画 最新


www.youtube.com

 

 

サスペンス映画として、十分面白く観れる良作です。

SFとしては設定も展開も論理がおざなりですが、この際そこは大目にみて、サスペンスを楽しむことを優先しましょうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

Paul McCartney: Live from NYC


www.youtube.com