哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

世の中を暗くいやらしくする獣的人間

 昔、職場で
何を言ったかじゃなく、誰が言ったかで判断する人間は最低だ!
と怒ったことがある。
 
周りの反応は鈍いものだろうと、言う前から予想はついたが、それでも言ってしまうときもあった。

 

 武田邦彦先生のエッセイ「何を言った」より「誰が言った」という社会は、正にわが意を得たりの内容。
ぜひ聴いてください。一人二人でも聴いて理解すれば、(武田先生が言われるように)その分だけ世の中にいやらしさが減って、明るさが増えるとおもうので。

 


◆武田邦彦:「何を言った」より「誰が言った」という社会

 

 

 この問題を、ひろゆきさんがちょっと別の角度から言っている

(冒頭3分半ほどの話)

 

 

 

 

 

 

 

 

「物事を、偉い人がどう言ってるかを集めて理解する」

これを素でやってる人達。多い多い。やんなるほど多い。

 

物事自体に直接向かい合いその仕組みを知ろうとは一切せず、権威者達の大筋見解に自分をとっとと適応させて、それで知ったつもりになる。
 

「この理解の仕方違うでしょ」って、いくら注意したってわかりゃしない。

 

不誠実極まりないのに、これの何が問題なのかさえ、チンプンカンプンな輩。

 

もうすっかり突き放して、ひろゆきさんのように面白がるしかないのかも。

 
 
 
 
 
 

 しかし、これに関して他人を怒る資格がおれにないことに、

以前NHKのドラマ「TAROの塔」を観た時、気づいた。

 

その後(再放送だったとおもうが)NHK Eテレ先人たちの底力 知恵泉 岡本太郎 万博への道」を観て、あらためてそのことを思い返した。


 
 
もう何十年も前になるが当時おれは、岡本太郎が万博プロデューサーを引き受けたニュースを聞いて、わけもなく軽蔑感をもった。
 
この記憶は今でもはっきりしていて、思い出すたびに苦い味がするので困る。

おれは、
自分で調べ考え判断する代わりに、まわりの空気を読み、はしこく適応して済ます獣的人間
の一人だったってことだ。
 

要領よく立ち回って、楽して得していると思い込み、その実

邪な心は自分自身に仇のようにふるまう

というブッダの言葉通りに、自分で自分を傷つけ、自分で自分を滅びへと追い立てている。
 
何を言ったかじゃなく、誰が言ったかで判断するというのもそういうことで、おれも同じことをしていた。
 
おれはブッダの教えを学んでいる。
 
しかし、いまだにこの種の獣性から縁が切れないでいる。

 
 
 
記憶が苦いのはそのせいだ。
 




img_0.jpg

 

 

(過去記事増補編集再録)

 

 

 

自行が先

 


みずかくらくして他を照らすことなし

(興教大師 一心自覚頌)





先ず自分を正しくととのえ、次いで他人を教えよ。
そうすれば賢明な人は、煩わされて悩むことが無いであろう。

ブッダの真理の言葉12・158中村 元訳 強調は私です)


他人に教えるとおりに、自分でも行なえーー。自分をよくととのえた人こそ、他人をととのえるであろう。
自己は実に制し難い。
 
(同12・159)

 

 

 

 

 

 

 このまま先人の引用だけで終えるのも、なんなので。

 

関連過去記事。

 

 

 現代の真の問題は、

世界の不幸な人々を救いたいと、あさってのことを言う人はいっぱいいるのに、

ほんとうに自分一個の救いに 精一杯の人がどこにもいないことだ、とおれはおもっています。

他人の縛めを解きたい人は、まず自分の縛めを解きなさい、この順番はかえられません。

 

 

 私の個人的考えに過ぎませんが、人生は意味も目的もないと思っています。

 

 そうなると(途中ははしょる)、

釈尊の教えにしたがって修行する以外にとるべき道はいっさい残されていないと、やがて気づきます。

 

 だから、この道を進むことが人生の唯一の目的だと言えば言えると思います。

 

 

この人生の唯一の目的である「釈尊の教えにしたがって修行する」が、もう何度も何度も記事にしてきた

 

今ここに気づき続ける」

ヴィパッサナー実践

 

です。

 

 

 

(過去記事統合編集再録)

滅びに至る多くの人々のために嘆いたりはしない

(聖書 エズラ記6・33,34 新共同訳)より引用します。

 

信頼せよ。恐れるな。今の時代に焦ってむなしいことを考えるな。 そうすれば終末の時が来ても慌てることはない

(引用終)

 

 

『終末の時』ってなんだろう? それは、人類全体にもいつか来るだろうが、個人個人に来るものだと、おれはかってに思っている。 おれが強い関心を持つ『終末の時』は、個人に来るほうのだ。

 

 

(同 エズラ記7・59~61)より引用します。

 

手に入れにくいものを持っている人は、いくらでも手に入るものを持っている人よりも大きな喜びを味わうものである。 わたしも、約束した新しい創造を行うときに、わずかしかいなくとも救われる人たちのことを喜ぶだろう。彼らは今やわたしの栄光を優先させ、今やわたしの名をたたえるようになったからである。 わたしは、滅びに至る多くの人々のために嘆いたりはしない。彼らは、霧のようであり、炎や煙に等しい者である。焼かれて、燃え上がり、消えてしまったのだ。

(引用終)

 

 

 人は自分がしてきたように、人にもされるものだ。 多くの人々が、葬式が済めばあっという間に社会から忘れ去られる。 彼らは、霧のようであり、炎や煙に等しい者である。焼かれて、燃え上がり、消えてしまったのだというように。

 

神も、滅びに至る多くの人々のために嘆いたりはしないと断言している。

それはなぜか。

なぜ仲間だった人々の関心からさえ火葬場の煙のように消えてしまうのか。

それは誰のせいか。

 

神は、全員救われるなどと始めから一言も言っていない。

ちなみに、ブッダもまったく言っていない。

無責任な信徒達が、全員救うとか、すでに救われているとか与太話を繰り返してるだけだ。

 

「マタイ福音書3・10」にはこう書かれている。

 

斧は既に木の根元に置かれている。 良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 では、わたしたちはどうすればよいのですか

 

 

 

 

 

(過去記事編集再録)

選択の余地がないという安心

ブッダ 神々との対話Ⅱ2・7中村 元訳)よりブッダの言葉を引用します。

 

さとりに至る実践の修養のほかに、感官を制御することのほかに、一切を捨て去ることのほかに、生ける者どもの平安を、われは認めない。
(引用終)



事実は、恐ろしく厳しいものなわけです。

選択の余地などない。

これは事実だから、絶対変えようがない。

不治の病が奇跡的に治癒しても真の治癒ではない。社会に適応して大富豪になっても真の適応ではない。
人間は誰でも結局死ぬから、このような治癒、適応は空しい。
けっして揺らぐことのない心の平安を得ることが、真の治癒・真の適応だ。


さとりに至る実践の修養をやるしかない。

今逃げても、繰り返される苦しみに厭きて、結局やることになる。
やらないという選択肢は無いってことだ。
失敗したらどうしようと悩むなんて意味ない。
だって、やるしかないんだから。
人生に迷いの余地はまったく無い。
じゃあ、今すぐ始めて少しでも早く始末をつけるのが一番カシコってことだ。

考え方をちょっと変えてみたらいいだけだ。
人生に迷いの余地なしってことは、この上ない幸福のはずでしょう。安心のはずでしょう。

でも大多数の人たち(含自分)はそれを喜ばず、先延ばしにして逃げまわっている。先延ばしにしてちゃいかんです。

おれは…分かっちゃいるけどやめられない…って、こんなことばっか言ってちゃ、ほんといかんです。

甚だしい徒労。


人は昔から、いろんな「幸福になる方法」を発明して、あらゆる誤魔化しをやって、この選択肢無しの事実だけは見ないようにがんばっている。

ことごとく徒労、無駄な努力。

心は常にあわてふためき怯えている。

「小さな幸せ」「つかの間の安らぎ」…そんなものも本当はない。そんなもの本当にない。


(ホントの事実はウケないものだ。事実をありのまま言う暴挙を、あえてしているので、少ない客がドンびきしていくのがなんとなく分かるが、言うしかない)



酔生夢死の人生でいいと思ったら、その人間はもう、この世の支配者に降参している。白旗あげた人生だ。

それより、事実を潔く事実と認めれば、そこから思いもかけぬ新たな道が開けるかもしれないのに、それは怖くてできない。

一切誤魔化さず、堂々ときっぱり認めてしまえば、べつに怖いことも恐ろしいこともなく、カラッと明るい気持ちになるかもしれないのに。

 

 

 

 

(過去記事再録)

 

昔の小説「五重塔」

じつは、「五重塔ごじゅうのとう」(作:幸田露伴)という古い小説が大好きです。

 露伴は骨太で饒舌という、現代小説家にはない面白さがある。
露伴の娘の文、その娘の玉、そのまた娘の奈緒と文学者が続き、「だんだん小粒になっていく」と批評されると、奈緒さんが「時代が下るにしたがって人間自体のスケールが小さくなっている。私だけの問題じゃない」という意味の反論をしていたのも面白かった(以前テレビで見た気がする。あまり定かでない)。
五重塔」は現代小説の基準から判定すれば、多くの減点ポイントを指摘するのはたやすいことで評価も低くなろうが、その現代的基準のほうが間違ってるんじゃないかと思わせる力強さが、「五重塔」にはある。





 今日明日、
非常に強い勢力の台風19号が接近上陸する恐れがある。

俺の家はかなり古いので、瓦屋根が吹き飛ばされないか心配だ。

 

 

 

 この小説で驚かされることのひとつは、

台風を次のように表現していることだ。

…飛天夜叉王、怒号の声音たけだけしく、汝等人を憚るな、汝等人間(ひと)に憚られよ、人間は我等を軽んじたり、久しく我等を賤みたり、我等に捧ぐべき筈の定めの牲(にへ)を忘れたり、這ふ代りとして立つて行く狗、驕奢(おごり)の塒(ねぐら)巣作れる禽(とり)、尻尾(しりを)なき猿、物言ふ蛇、露誠実(まこと)なき狐の子、汚穢(けがれ)を知らざる豕(ゐのこ)の女(め)、彼等に長く侮られて遂に何時まで忍び得む、我等を長く侮らせて彼等を何時まで誇らすべき、忍ぶべきだけ忍びたり誇らすべきだけ誇らしたり、六十四年は既に過ぎたり、我等を縛せし機運の鉄鎖、我等を囚へし慈忍(にん)の岩窟(いはや)は我が神力にて断(ちぎ)り棄てたり崩潰(くづれ)さしたり、汝等暴れよ今こそ暴れよ、何十年の恨の毒気を彼等に返せ一時に返せ、彼等が驕慢(ほこり)の気(け)の臭さを鉄囲山外(てつゐさんげ)に攫(つか)んで捨てよ、彼等の頭を地につかしめよ、無慈悲の斧の刃味の好さを彼等が胸に試みよ、惨酷の矛、瞋恚(しんい)の剣の刃糞と彼等をなしくれよ、彼等が喉(のんど)に氷を与へて苦寒に怖れ顫(わなゝ)かしめよ、彼等が胆に針を与へて秘密の痛みに堪ざらしめよ、彼等が眼前(めさき)に彼等が生したる多数(おほく)の奢侈の子孫を殺して、玩物の念を嗟歎の灰の河に埋めよ、彼等は蚕児(かひこ)の家を奪ひぬ汝等彼等の家を奪へや、彼等は蚕児の智慧を笑ひぬ汝等彼等の智慧を讃せよ、すべて彼等の巧みとおもへる智慧を讃せよ、大とおもへる意(こゝろ)を讃せよ、美しと自らおもへる情を讃せよ、協(かな)へりとなす理を讃せよ、剛(つよ)しとなせる力を讃せよ、すべては我等の矛の餌なれば、剣の餌なれば斧の餌なれば、讃して後に利器(えもの)に餌(か)ひ、よき餌をつくりし彼等を笑へ、嬲らるゝだけ彼等を嬲れ、急に屠るな嬲り殺せ、活しながらに一枚皮を剥ぎ取れ、肉を剥ぎとれ、彼等が心臓(しん)を鞠として蹴よ、枳棘(からたち)をもて脊を鞭(う)てよ、歎息の呼吸涙の水、動悸の血の音悲鳴の声、其等をすべて人間(ひと)より取れ、残忍の外快楽なし、酷烈ならずば汝等疾く死ね、暴(あ)れよ進めよ、無法に住して放逸無慚無理無体に暴(あ)れ立て暴れ立て進め進め、神とも戦へ仏(ぶつ)をも擲け、道理を壊(やぶ)つて壊りすてなば天下は我等がものなるぞと、叱咤する度土石を飛ばして丑の刻より寅の刻、卯となり辰となるまでも毫(ちつと)も止まず励ましたつれば、数万(すまん)の眷属(けんぞく)勇みをなし、水を渡るは波を蹴かへし、陸(をか)を走るは沙を蹴かへし、天地を塵埃(ほこり)に黄ばまして日の光をもほとほと掩ひ、斧を揮つて数寄者が手入れ怠りなき松を冷笑(あざわら)ひつゝほつきと斫るあり、矛を舞はして板屋根に忽ち穴を穿つもあり、ゆさ/\/\と怪力もてさも堅固なる家を動かし橋を揺がすものもあり。手ぬるし手ぬるし酷さが足らぬ、我に続けと憤怒の牙噛み鳴らしつゝ夜叉王の躍り上つて焦躁(いらだて)ば、虚空に充ち満ちたる眷属、をたけび鋭くをめき叫んで遮に無に暴威を揮ふほどに、神前寺内に立てる樹も富家の庭に養はれし樹も、声振り絞つて泣き悲み、見る/\大地の髪の毛は恐怖に一竪立(じゆりつ)なし、柳は倒れ竹は割るゝ折しも、黒雲空に流れて樫の実よりも大きなる雨ばらり/\と降り出せば、得たりとます/\暴るゝ夜叉、垣を引き捨て塀を蹴倒し、門をも破(こは)し屋根をもめくり軒端の瓦を踏み砕き、唯一ト揉に屑屋を飛ばし二タ揉み揉んでは二階を捻ぢ取り、三たび揉んでは某寺(なにがしでら)を物の見事に潰(つひや)し崩し、どう/\どつと鬨(とき)をあぐる其度毎に心を冷し胸を騒がす人の、彼に気づかひ此に案ずる笑止の様を見ては喜び、居所さへも無くされて悲むものを見ては喜び、いよ/\図に乗り狼籍のあらむ限りを逞しうすれば、八百八町百万の人みな生ける心地せず顔色さらにあらばこそ。


 現代小説ではありえない発想が、今読むと実に新鮮だ。現代の小説家がこれを減点とみなすなら「猫は虎の心を知らず」と言いたい。

 

 

 

 

 主人公「のつそり十兵衞」の世に稀な信念の生きざまを、よくここまで見事に表現しえたものと、何度読んでもその卓越した筆力に感心してしまう。

 

 十兵衞の親方・川越の源太が親切に差し出した大事な図面類を、十兵衞が「別段拝借いたしても」とつきかえす場面は圧巻です。

…此品(これ)をば汝は要らぬと云ふのか、と慍(いかり)を底に匿して問ふに、のつそり左様とは気もつかねば、別段拝借いたしても、と一句迂濶(うつか)り答ふる途端、鋭き気性の源太は堪らず、親切の上親切を尽して我が智慧思案を凝らせし絵図まで与らむといふものを、無下に返すか慮外なり、何程自己(おのれ)が手腕の好て他の好情(なさけ)を無にするか、そも/\最初に汝(おのれ)めが我が対岸へ廻はりし時にも腹は立ちしが、じつと堪へて争はず、普通(なみ)大体(たいてい)のものならば我が庇蔭被(かげき)たる身をもつて一つ仕事に手を入るゝか、打擲いても飽かぬ奴と、怒つて怒つて何にも為べきを、可愛きものにおもへばこそ一言半句の厭味も云はず、唯自然の成行に任せ置きしを忘れし、上人様の御諭しを受けての後も分別に分別渇らしてわざ/\出掛け、汝のために相談をかけてやりしも勝手の意地張り、大体(たいてい)ならぬものとても堪忍(がまん)なるべきところならぬを、よく/\汝を最惜(いとし)がればぞ踏み耐へたるとも知らざる歟、汝が運の好きのみにて汝が手腕の好きのみにて汝が心の正直のみにて、上人様より今度の工事(しごと)命けられしと思ひ居る歟、此品をば与つて此源太が恩がましくでも思ふと思ふか、乃至は既慢(もはや)気の萌して頭(てん)から何の詰らぬ者と人の絵図をも易く思ふか、取らぬとあるに強はせじ、余りといへば人情なき奴、あゝ有り難うござりますると喜び受けて此中の仕様を一所(ひととこ)二所(ふたとこ)は用ひし上に、彼箇所は御蔭で美(うま)う行きましたと後で挨拶するほどの事はあつても当然なるに、開けて見もせず覗きもせず、知れ切つたると云はぬばかりに愛想も菅(すげ)もなく要らぬとは、汝十兵衞よくも撥ねたの、此源太が仕た図の中に汝の知つた者のみ有らうや、汝等(うぬら)が工風の輪の外に源太が跳り出ずに有らうか、見るに足らぬと其方で思はば汝が手筋も知れてある、大方高の知れた塔建たぬ前から眼に映(うつ)つて気の毒ながら批難(なん)もある、既堪忍の緒も断れたり、卑劣(きたな)い返報(かへし)は為まいなれど源太が烈しい煮趣返報は、為る時為さで置くべき歟、酸くなるほどに今までは口もきいたが既きかぬ、一旦思ひ捨つる上は口きくほどの未練も有たぬ、三年なりとも十年なりとも返報(しかへし)するに充分な事のあるまで、物蔭から眼を光らして睨みつめ無言でじつと待つてゝ呉れうと、気性が違へば思はくも一二度終に三度めで無残至極に齟齬(くひちが)ひ、いと物静に言葉を低めて、十兵衞殿、と殿の字を急につけ出し叮嚀に、要らぬといふ図は仕舞ひましよ、汝一人で建つる塔定めて立派に出来やうが、地震か風の有らう時壊るゝことは有るまいな、と軽くは云へど深く嘲ける語(ことば)に十兵衞も快よからず、のつそりでも恥辱(はぢ)は知つて居ります、と底力味ある楔(くさび)を打てば、中々見事な一言口ぢや、忘れぬやうに記臆(おぼ)えて居やうと、釘をさしつゝ恐ろしく睥みて後は物云はず…




(おれは読書嫌いで、そもそも読んだ小説の絶対量が非常に少ない、その範囲内での感想に過ぎません。)



※「五重塔」は青空文庫で読めます。→五重塔

 

 

(過去記事増補編集再録)

ショーペンハウアーへのワケわからん紋切型批評

 ショーペンハウアーを扱き下ろす三木清の言葉を引用します(「語られざる哲学」より) 

 

生の無価値にして厭うべきことを説きながら、自らは疫病を恐れて町を飛び出したり、ホテルでは数人前の食をとったり、愛人と手を携えてイタリアを旅した彼の哲学は、インド思想と共通な涅槃を説きながら、その基調においては悩しき青春の爛熟期の哲学である。

 

( 引用終) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ショーペンハウアーについての現在も続く、わけの分からない紋切り型批評の典型がここにある。

 生の無価値にして厭うべきことを説くことと、疫病を恐れて町を飛び出したり、ホテルで数人前の食をとったり、愛人と手を携えてイタリアを旅することは、必ずしも矛盾しない。

 

  生の無価値にして厭うべきことを説く理由は、それを事実だと知ることが涅槃に至る道の唯一の入口だからだ。

 

 

 

青春の哲学の涅槃を説くことが矛盾だとも、おれには思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 一切皆苦(苦聖諦)に対する世間の本能的嫌悪感と恐れと無理解が、この問題の根底にある。

 

 

 

(過去記事増補編集再録)