哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

洋画 LOOPER/ルーパー

2020/11/23記事

 

洋画「クラウド アトラス」と「ルーパー」

 

の「ルーパー」が、昨日からGYAO!で無料視聴できるようになりました。

 

示唆に富む問題作にして

エンタメの傑作です。

 

未視聴の方はご覧ください。

 

 

 

12月28日(火) まで

LOOPER/ルーパー

 

GYAO!情報より引用させていただきます。

任務:未来から来る犯罪者を消せ 標的:30年後の自分ルーパー:未来の犯罪者を消す職業。近未来-タイムマシンは、犯罪組織のみが、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送するために使われていた。“ルーパー”と呼ばれる暗殺者の元へ-。凄腕ルーパー、ジョーの元に、送られてきたのは“30年後の自分”。「奴を殺さなければ、自分が消される!」必死に追跡する現代のジョー。ようやく未来の“自分”を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明かされる。

キャスト

ブルース・ウィリスジョセフ・ゴードン=レヴィットエミリー・ブラントポール・ダノ,ノア・セガン,パイパー・ペラーポ,ジェフ・ダニエルズ

 

 

 

以下、2020/11/23記事の「ルーパー」部分書抜です。

 

人類は過去現在未来、同じひとつの曲を多少の変奏を加えながら演奏し続けている。
(曲というのは喩えです。実際には、構造的にパターン化した同じ貪瞋痴の兇行を、人類全滅まで切りなく繰り返すという意味です)
 
 
『ルーパー』のように、タイムループを仮定すると、その同じ曲が個人の上にも繰り返されることになる。

 


(以下、ネタバレ注意)
 
自分自身が変わらなければ、人類全体のレベルでも個人のレベルでも、結局同じ貪瞋痴の愚行を滅尽するまで切りなく繰り返すしかない。


ルーパーの主人公は、ラストシーンで悪夢を断ち切るために自殺したが、問題解決には程遠い。
シャットダウンしても、貪瞋痴のプログラムは消えないからだ。

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

(My Favorite Songs)

トミー・ジェイムズ&シャンデルズ。

Tommy James & the Shondells - Mony Mony on the Ed Sullivan Show

www.youtube.com

 

 

車中生活 死にゆく妻との旅路

2021/2/24に紹介した映画

 

死にゆく妻との旅路

 

が、今GYAO!で無料視聴できます。

 

実話をもとにした秀作です。

未視聴の方はご覧ください。

 

 

 

12月21日(火) まで

死にゆく妻との旅路

 

GYAO!情報より引用させていただきます。

二人でいることが、なせ、罪になるのですか?雪舞う音さえ聞こえるほどの静けさのなか、男はひとり、妻を葬った。それが、妻の望みだった。愛する者が死んでゆく時、人は、いったい何をしてやれるのだろう。1999年3-12月。これは、272日、6,000キロの、ある壮絶な愛の実話である。

www.youtube.com

 

 

以下、2021/2/24記事の再録です。

 

当時、新聞でこの事件を知った時の衝撃を忘れることができない。

男が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたいきさつを簡単に伝える小さな記事だったが、それは

 

ただならぬ過程が伴わなければ現れえない結果

 

だとおもわれたからだ。

 

 
 
 
 

 おれは昔、失業して宿無しになり、軽ワゴン後部に布団敷いて数ヶ月車中生活する経験をした。

 

体験しないと分からないことがある。

 

空地に停めてエンジンを切った車に、真冬の雪がうずたかく降り積もる夜でも、布団の中で温かく眠れるのが意外だった。

かまくらが温かいのと同じ原理なんだろう。

 

だが、朝になり、掛け布団のおもてに触れると、まるで水を撒いたように濡れている。

おもわず見上げると、車のルーフにヤベエくらい結露して、水滴がぽたぽた落ちる光景に唖然となった。

 

そして、これが1ヶ月も続くと、車内のあちこちが錆びてくるのだ。

 

 

公園の隅に停めて寝た深夜に、酔っぱらった不良グループが車のウインドウをドンドン叩いてきて、怖いおもいをしたこともある。

 
 
 
 
この映画を観て、
清水久典・ひとみ夫婦9カ月の漂流生活を、
少しだけ追体験できたとおもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

「バス・ストップ」

このせつない曲調が好き。

Bus Stop / cover [日本語訳付き] モナリサ ツインズ - YouTube

www.youtube.com

 

 

心は物質世界の奴隷になってる

スマナサーラ長老の禅語提唱(十六)見色明心 頓悟のメカニズム

www.youtube.com

 

〔メモと感想〕

 

古くから床の間の掛け軸などにもなって、こすり倒された

「溪聲山色」 「霊雲桃花」「香厳撃竹」 等の言葉。

雰囲気で何となく、

自然は、心の味方っぽくおもわれてるけど、

それ違うでしょ。

 

心は色(物質世界)の奴隷になっている。

スマナサーラ長老)

 

これは、

心が勝手に自業自得で物質世界の奴隷になってるだけで、

物質はべつに心の敵になってやろうとおもってない。

しかし
色(物質世界)はべつに心の味方もしない。

 

 

 

正法眼蔵随聞記第四の五 道元禅師の言葉)

……見ずや、竹の声に道を悟り、桃の花に心を明らむ。竹豈に利鈍あり迷悟あらんや。花何ぞ浅深あり賢愚あらん。花は年年に開くれども人みな得悟するに非ず。竹は時時に響けども聞く者ことごとく証道するにあらず。ただ、久参修持の功を得て、悟道明心するなり。

(以上)

 

 

「霊雲桃花」「香厳撃竹」 等

それは修行の結果でしょうに。

修行しなきゃできませんよ。スマナサーラ長老)

 

 

おれは、大昔二十歳代、

坐禅しに通い始めた寺の方丈さんに

香厳撃竹の話題を持ち出したことがある。


「香厳撃竹ねえ…」と苦笑されただけだった。

まず坐禅しろよということだったとおもう。

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

ロバート・パーマー

Robert Palmer - Addicted To Love (Official Music Video)

 

Robert Palmer Simply Irresistible ( Mixagem By Maurovjp )

 

 

ブッダ究極の教え (出家者限定)幻覚から目覚める

《ブッダのことば》幻覚から目覚める スッタニパータ「犀の角(Khaggavisāṇasuttaṃ)」を読む①|スマナサーラ長老のパーリ経典解説(03 Jan 2021 ゴータミー精舎) - YouTube

www.youtube.com

 

〔メモと感想〕

いつ死ぬかもしれん人間には、飲み食いを楽しむ以上の幸福はない。

などと言う奴は愚者だと、大多数の人々が知ってる。

 

理由は、

最大の苦しみの中で得る微々たる楽しみを評価しがたいです。スマナサーラ長老)

 

しかし、

大多数の人々は、その評価しがたい生き方をしてる。

 

 

 

この経典は

 

emotional detachment-distancing

 

を推薦しています。スマナサーラ長老)

 

 

世間の人々は、コロナ禍での

 

social distancing相手と物理的に離れていること

 

さえ暗く感じ、嫌でしょーがないのだ。

 

emotional distancing感情にとらわれず離れていること

 

など究極に暗いと感じ、想像さえしたくないだろう。

 

 

ブッダの明晰判明で真に革命的な教え。

Suttanipâta 50 根本仏教講義23刺激論6「囚われずに歩む」より引用させていただきます)

 

外に見えるもの、聞こえるもの、匂うもの、味わうもの、触れるもの、考えるものは、
美しく、おいしく、喜ばしいものである。
これらはあらゆる形をとって(様々に変化し)心を混乱させる。
欲望の対象(色声香味触法)には恐ろしい災いがあることを見て、あらゆるものから離れるべきである。
(以上)

 

 

 

だれもかも

 

色声香味触法は、美しく、おいしく、喜ばしい

 

とのみ思うだけで

 

色声香味触法には、恐ろしい災いがある

 

という端的な事実に気づく人が、古今東西怖いほど極度に少ない。

(スマナサーラ長老のSuttanipâta 50解説は「犀の角」を読む③1:38:35 を視聴してください)

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

孤独行の結論(人間関係の本質を説く)
Bhajanti sevanti ca kāraṇatthā, nikkāraṇā dullabhā ajja mittā;
Attaṭṭhapaññā asucī manussā, eko care khaggavisāṇakappo.(75)
今の人々は自分の利益のために、交わりを結び、また他人に奉仕する。今日、利益をめざさない友は、得がたい。自分の利益のみを知る人間は、きたならしい。犀の角のようにただ独り歩め。

(以上)

 

 

 

犀の角の経《Suttanipata-Khaggavisaana》は

 

我々、パーリ語で仏教を学ぶ人々は最後の最後に学んでみようかな~と挑戦する一番、難しいものです。怖くて触りたくもない経典です。

 

私たちの頭で理解できる範囲の経典ではありません。

 

というスマナサーラ長老の警告を肝に銘じたい。

 

ちょっとした訳の思い違いより、こっちの思い違いのほうがはるかに深刻だ。

 

最高の目的とはなにを指すか、あらゆる生きものに対して暴力を加えることなく、あらゆる生きもののいずれをも悩ますことなくとは実際のところ、なにを指示しているか。


最初読んだ時、なんとなく気に入り「これは怖い」などと感じなかった。

意味内容を誤って把握していたのだ。

 

本を読んだくらいで命までとられまいと思うのは大間違いだ。


ブッダは蛇喩経で警告している。

蛇の尻尾を掴んだら噛まれて死ぬか、死ぬほどの苦痛に長く苛まれることになる。蛇を正しく掴まなかったからだ、

と。

 

(蛇喩経 片山一良訳)より

誤って把握されたそれらの法は、かれらに、長く不利となり、苦となります。それはなぜか。比丘たちよ、もろもろの法が誤って把握されているからです。 …

よく把握されたそれらの法は、かれらに、長く利益となり、楽となります。それはなぜか。比丘たちよ、もろもろの法がよく把握されているからです。

(引用終)

 

 

 

 

 

サティ
「瞬間の現在(今・ここ)」に気づくこと。

ヴィパッサナー実践
「瞬間の現在」に気づき続けること

 

 

伝道の書(コヘレトの言葉)をどう読む?

昨日記事「抜き読みの支障」では、

聖書『伝道の書(コヘレトの言葉)』

の具体的内容にほとんど立ち入らなかった。

 

それではあんまりなので、

コヘレトの言葉から

いくつか気になるところをセレクトします。


わたしは知った 
人間にとって最も幸福なのは
喜び楽しんで一生を送ることだ、と
人だれもが飲み食いし
その労苦によって満足するのは
神の賜物だ、と。

(3・12,13 新共同訳)

それゆえ、わたしは快楽をたたえる。
太陽の下、人間にとって飲み食いし、楽しむ以上の幸福はない。
それは、太陽の下、神が彼に与える人生の
日々の労苦に添えられたものなのだ。

(同8・15)


さあ、喜んであなたのパンを食べ
気持よくあなたの酒を飲むがよい。
あなたの業を神は受け入れていてくださる。
どのようなときも純白の衣を着て
頭には香油を絶やすな。
太陽の下、与えられた空しい人生の日々
愛する妻と共に楽しく生きるがよい。
それが、太陽の下で労苦するあなたへの
人生と労苦の報いなのだ。
何によらず手をつけたことは熱心にするがよい。
いつかは行かなければならないあの陰府には
仕事も企ても、知恵も知識も、もうないのだ。
 

(同9・7~10 強調は私です)





さあ、これを、

あなたはどう読む?










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

カルチャー・クラブ
「カーマは気まぐれ」
キモエロかっこよかったボーイ・ジョージ

Culture Club Karma Chameleon HD - YouTube

www.youtube.com

 

 

(過去記事統合増補編集再録)

 

 

抜き読みの支障

No.21【朗読】旧約聖書 伝道の書 全12章 / キリスト教 / カトリック / プロテスタント


おれは、最初期の記事「聖書の言葉4」

で、伝道の書(コヘレトの言葉)をとりあげて、

それにしても、

最後の最後に脈絡の感じられない、

取って付けたような御託宣


すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」、これこそ、人間のすべて。(12・13)

 

には白ける。

 

と、感想を書いた。


ところが後年、世界の名著「聖書」(責任編集 前田護郎)で「伝道の書」(コヘレトの言葉)を読んでいて、注記に気づいた。


すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」、これこそ、人間のすべて。
は、編集者が聖書の本質との整合性をとるために後から付け足した文言だともとれるようだ。
よく小説家などが、物語への世間の反感をかわすために、最後の1行でこの種のリップサービスをして、無難におさめることをする。おれは、抜き読みする癖が災いして注記を見逃し、コヘレト自身がそれをしてるとおもった)



最初に「コヘレトは言う」で始まり、最後に「、とコヘレトは言う」で囲ってあるから、注記がなくても、おのずからそれ以下の言葉はコヘレトと別人の調整処理(後代の挿入)かも、と気づかねばならない。後人の余計な「改良」は伝承文献に普通にある弊害で、しばしば矯角殺牛を招く。

気づかなかったのは、おれの不注意に過ぎない。

 

 

 


※新約のみですが、前田護郎訳聖書を、便利な注及び聖書引照箇所付きの電子ブック版で読むことができます。

前田護郎個人訳新約聖書

 





 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

Call Me - Blondie (Marilyn Monroe Style Cover) ft. Tess Mohr

www.youtube.com

 

 

(過去記事統合増補編集再録)

遠離すること百由旬

おれの家は、一応浄土宗の檀家みたいです。

浄土宗開祖法然上人のことばをいくつか。


論議はこれ智者の有なり。
更に愚人の分にあらず。
また諍論(ざうろん)のところには(もろもろ)の煩悩起る。
智者はこれを遠離(をんり)すること百由旬(ひゃくゆじゅん)なり。
(いはん)や一向念仏の行人においてをや。

※ 【由旬】ゆじゅん
古代インドでの距離の一単位。帝王の軍隊が一日に進む距離といわれ、約10km、約15kmなど諸説ある。
大辞林

 

 

 これ以上言い争っても自他のためにならないと感じたら、すぐ議論を止めるべきだが、言い負かしたいという欲が判断を狂わせ、おれは何度も苦い経験をしました。
論争する者の心には、もろもろの煩悩が生じる。「論争の場から千km離れる」…この態度は基本だとおもう。

 

 

 



(さとり)なくして師となるは、これ梵網(ぼんまう)制戒(せいかい)なり。
黒闇(こくあん)(たぐい)の、(おのれ)の才を(あらは)さんと(ほつ)し、浄土の教をもって藝能となし、名利を貪り檀越(だんをつ)を望み、(ほしいまま)に自由の妄説をなして、世間の人を誑惑(わうわく)し法を(あざむ)くの(とが)(こと)に重し。
これ(いづく)んぞ國賊(こくぞく)にあらずや。

(黒谷上人語燈録10 七箇絛起請文より)



 

一枚起請文
法然上人の教えのなかで、これがもっとも好きです。
有名なものだから、知ってる人も多いでしょうが。


もろこし我が朝に、もろもろの智者たちのさたし申さるる、観念の念にもあらず。
また学問をして念の心を悟りて申す念仏にもあらず。
ただ往生極楽のためには、南無阿弥陀仏と申して、うたがいなく往生するぞと思ひとりて申す外には別の仔細候はず。
ただし三心・四修と申す事の候ふは、皆決定して南無阿弥陀仏にて往生するぞとおもう内にこもり候ふなり。
このほかにおくふかきことを存ぜば、二尊のあわれみにはづれ、本願にもれ候ふべし。
念仏を信ぜん人は、たとひ一代の法をよくよく学すとも、一文不知の愚鈍の身になして、尼入道の無智のともがらにおなじうして、智者のふるまひをせずしてただ一向に念仏すべし。

(黒谷上人語燈録11)



上記の法然上人「一枚起請文」は手持ちの「佛教聖典」から写した。

仏壇の引き出しから「浄土勤行集」を出して見てみると、こちらの「一枚起請文」には後書きが付いている。




為証以両手印(しょうのためにりょうしゅいんをもってす)

浄土宗の安心起行この一紙に至極せり。

源空が所存この外に全く別義を存ぜず。

滅後の邪義をふせがんがために所存を記し(おわんぬ)

建暦二年正月二十三日 源空在御判




力強い。
やはり、これは付いてるほうがいい。











(拾遺黒谷語燈録中 登山状より引用します)
いたづらにあかしくらして、やみなんこそかなしけれ。

昨日もいたづらにくれぬ、今日もまたむなしくあけぬ。…

今いくたびかくらし、いくたびかあかさんとする。…

妻子眷属は家にあれどもともなはず、七珍萬寶はくらにみてれども益もなし。
ただ身にしたがふものは後悔のなみだなり。…

なんぢ仏法流布の世に生れて、なんぞ修行せずしていたづらにかえりきたるや




(黒谷上人語燈録15 禅勝房伝説の詞より引用します)

(ひとつ)。現世をすぐべきようは、念仏の申されんようにすぐべし。

念仏のさまたげになりぬべくば、なになりともよろづをいといすてて、これをとどむべし。
いはく、ひじりで申されずば、妻を設けて申すべし。
妻を設けて申されずば、ひじりにて申すべし。
住所にて申されずば、流行(るぎょう)して申すべし。
流行して申されずば、家にゐて申すべし。
自力の衣食にて申されずば、他人に助けられて申すべし。
他人にたすけられて申されずば、自力の衣食にて申すべし。
一人して申されずば、同朋とともに申すべし。
共行(くぎょう)して申されずば、一人籠りゐて申すべし。
衣食住の三は、念仏の助業(じょごふ)なり。…
もし念仏の助業とおもはずして身を貪求(とんぐ)するは、三悪道の業となる。
往生極楽の念仏申さんがために、自身を貪求するは、往生の助業となるべきなり。
萬事(ばんじ)かくのごとし、と。

(以上引用終)





 良い意味でいいかげんだ、おおらかだと感じる人が多いようだが、そういうことではない。


念仏のための人生というスタンスから発せられた当然自然の言葉で、良い意味でも悪い意味でも「いいかげんさ」は微塵もない。

 人生のために念仏があるのではなく、念仏のために人生があるという、
発想の驚くべき逆回転
がなされている。

これを「ばかげている」とおもったら、永久に真実は分からない。

念仏の助業とおもはずして身を貪求するは、三悪道の業となる。
の教えを迂闊に読み過ごしてはいけない。
念仏のための人生というスタンスはそう簡単には身に馴染まないからだ。ここが教えの肝だ。

この逆回転こそ転法輪だ。

ちなみに「衣食住の三は三悪道なり。…三悪道をはなれんと欲せば、衣食住の三つをはなるべきなり」と断言し実行した一遍上人は、この法然上人の教えを知った上で「すべて捨てる」決意をしたのだとおもう。



釈尊が、一切皆苦から始まる四諦八正道を説いた初転法輪の中に、この逆回転の構造の原型がある(初めてこの世に現れた)、とおれはおもう。

 この構造をおれに適応すれば「人生のためのヴィパッサナー実践ではなく、ヴィパッサナー実践のための人生」となる。

 禅の公案にも
この逆回転の転法輪
が説かれている



 坐禅して仏になると言う馬祖に、師匠の南嶽は瓦を磨いて鏡にすると言う。

馬祖「瓦を磨いても鏡にならんでしょう」
南嶽「坐禅して仏になるのはどうなんだ」





 幸福な人生という目的、坐禅はその手段。
このありがちな固定観念は絶対捨てなければならない。



 坐禅を作仏の手段としてはいけない。ヴィパッサナーもおなじこと、手段ではない。
先入観
人生のためのヴィパッサナー実践
を勇気を出してキッパリ捨て
ヴィパッサナー実践のための人生
に変換する。

 この独り決めができないと「俺・俺のもの」を後生大事に温存したまま懸命に努力することになり、ブレーキを踏んだままアクセルを吹かすような具合となり、真の修行は始まらない。




最後に、法然上人道詠一首。

逢仏法捨身命といへる事を

かりそめの色のゆかりの恋にだに逢ふには身をも惜しみやはする



はかない 男女の色恋にさえ命がけになれるあなたが、

仏法と巡り合うのに身命を惜しむ道理があろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)


Aerosmith -Train Kept A Rollin' (FULL HD) - YouTube

www.youtube.com

 

 

(過去記事統合増補編集再録)