哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

#邦画

映画「殯の森」

この映画を知るまで 殯 という言葉を一度も聞いたことがなかった。 だから、意味はもちろん、読みさえも知らない。 エンドロール直前に殯(もがり)の説明文が出る 敬う人の死を惜しみ、しのぶ時間のこと またその場所の意… と。 www.youtube.com この映画の…

名作『寝ても覚めても』と名曲「アローン・アゲイン」

映画『寝ても覚めても』 www.youtube.com www.youtube.com 人間の半分が描かれてる。 「亮平は優しい。でももう甘えない」 「おれはきっと一生、お前のこと信じやへんねん」 「うん。わかってる」 「きったない川やで」 「でも…きれい」 女の、男とは永遠に…

梶 芽衣子『女囚さそり』「怨み節」と「キル・ビル」

梶 芽衣子。『女囚さそり』シリーズ、 近所の東映映画館で何本か観たなあ。 細かい内容はもう忘れたけど。 当時、映画館が宣伝のために連日昼間大音量で流してた挿入歌「怨み節」が、家の中に居てもはっきり聞こえてきて これに誰も文句いわなかった。時代だ…

クドカンワールド『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

www.youtube.com ウィキペディア「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」 あらすじより引用させていただきます。 修学旅行で乗っていたバスが事故に遭ってしまった男子高校生の関大助はふと目を覚ますと、炎が渦を巻く中で人々が苦しめられている光景が目に飛び…

若山富三郎の殺陣

若山富三郎の「子連れ狼」 シリーズ第一作『子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる』がとても面白かったので、第二作『三途の川の乳母車』第三作『死に風に向う乳母車』も一気に観た。 www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com 「子連れ狼」は、小島 …

「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

前に邦画「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」を観た。 出演者 二宮和也、西島秀俊、綾野剛、竹野内豊、宮崎あおい www.youtube.com この作品に限らず、おれは多くの日本映画にいつも感じる違和感がある。 「常に命がけで仕事して仕事場で死ねれば本望だ」み…

邦画『百円の恋』『0.5ミリ』

映画 『百円の恋』 www.youtube.com 日本版ロッキーだ。 あしたのジョーよりリアルに。 ハリウッドだと主人公・男。 強いし、戦いにも勝って、ハッピーエンド。 これが邦画になると、 主人公・女。 弱いし、戦いにも負けて。でも生きていく。 パッとしないけ…

映画『彌勒 MIROKU』

www.youtube.com 稲垣足穂 の文学世界の映画化。 前半は終始耐え難いほどの異様な違和感が支配する映画だ。 タルホ級の高貴な男性にしか言えないセリフを、なぜか女性が言うので、「言わされてる感」が凄まじい。女の大多数はこういう男を理解せずバカにして…

映画『鬼の棲む館』

邦画『鬼の棲む館』 天才谷崎潤一郎の戯曲 『無明と愛染』の映画化。 鬼の棲む館 【キャスト】 勝新太郎、高峰秀子、新珠三千代、佐藤慶。 鬼の棲む館のストーリーや出演者 Weblio辞書 より引用させていただきます。(ネタバレ注意) 南北朝時代。戦火を免れ…

映画『ボクは坊さん。』

邦画『ボクは坊さん。』 www.youtube.com 『ほぼ日刊イトイ新聞』の「坊さん。57番札所24歳住職7転8起の日々。」も拾い読みした。 第83回 長老に引導を渡す。 より引用させていただきます。 その夜、枕経に行くと、 やはり長老は亡くなっている。 死んでい…

映画「戦国野郎」

邦画「戦国野郎」 www.youtube.com 日本映画情報システムより戦国野郎・ストーリー を引用させていただきます。 時は戦国、武田勢の冷酷無残な仕打ちに愛想をつかした若き忍者越智吉丹は、一国一城の主の夢を抱き、諸国をさまよったが、この吉丹を、武田随一…

邦画『この国の空』

映画『この国の空』 www.youtube.com 【キャスト】 二階堂ふみ、長谷川博己、富田靖子、利重剛、上田耕一、石橋蓮司、奥田瑛二、工藤夕貴 以前書いたが、満島ひかり主演『海辺の生と死』を観た時にも同じことをおもった。 これは反戦映画にはなっていない。…

邦画『愛を乞うひと』と『魂萌え!』

邦画『愛を乞うひと』 Wikipedia『愛を乞うひと』より引用させていただきます。 10歳まで孤児院で育った後実母に引き取られ、凄惨な虐待を受けて母への愛の渇望と憎しみを抱きつつ大人へと成長した少女が、ふとしたきっかけから母の過去を見つめる旅に出て、…

映画『日本のいちばん長い日』

『日本のいちばん長い日』(2015) www.youtube.com 国を守るつもりで国を亡ぼす反理性的行動に突進する陸軍若手将校。 しかし本来柔靭な思考ができるはずの若者を、硬直した狂信者にした責任の一半は主導者側にある。 若者側も、暗にそこを突いている。 だ…

名作映画「怪しい彼女」

ウィキペディア『怪しい彼女』ストーリーより引用させていただきます。 70歳のオ・マルスン(ナ・ムニ)は頑固で世話焼きなお婆さん。マルスンの元奉公人で男やもめのパク氏(パク・イナン)と共にカフェで働くマルスンは、女手一つで育て上げた一人息子の大…

面白く胆力ある人 野坂昭如

野坂昭如。 面白い人だった。 ♪ひどい世の中じゃ~ 怖い世の中じゃ~ 「生キ残レ 少年少女」 www.youtube.com 「マリリンモンロー ノーリターン」 www.youtube.com 名曲で、おまけにこれは下手上手ヘタウマの名歌唱で、 もちろん下手上手ヘタウマは上手上手…

映画「脳内ポイズンベリー」

www.youtube.com 「脳内ポイズンベリー」では、脳内会議が紛糾膠着する場合だけ、突然SM女王様風コスチュームの原始的潜在意志が現れ、強権発動して会議を乗っ取ってしまう、と描かれてる。 この解釈は甘いね。 (事実はこうだ) 脳内会議の99%は、潜在意…

映画「ビリギャル」

かなり前に話題になった映画「ビリギャル」 おバカな高2ギャルが慶大・総合政策学部に合格する話。 有村架純が“へそ出し金髪”のギャル姿披露 「ビリギャル」予告編映像 #Birigal #movie 本編 Phim Hay Ý Nghĩa Nhất Cô Nàng Xếp Hạng Chót Flying Colors ý c…

井上ひさし作『父と暮せば』

『父と暮せば』 第47回ブルーリボン賞・主演女優賞 - 宮沢りえ 父と暮せば(予告) おれはもちろん、 [死んでも生きてる人間]のからくり は大嫌いなのだが、 この際それは云わないことにして、 映画を楽しんだ。 井上ひさしが創った、宮沢りえと原田芳雄のか…

邦画2本「娚の一生」「繕い裁つ人」

「娚の一生」でオトコノイッショウ。 読めない。 観ていて気持ち良い恋愛映画。 より気持ち良いのは女性客の方だけど。 映画「娚の一生」予告編 “足キス”映像がついに公開 #Otoko no Issho #movie いまのところ 日本は平和ってこと。 もう1本「繕い裁つ人」 …

映画「秘密」観客をドン引きさせるギリギリ

邦画を観る東野圭吾原作映画「秘密」 物語の設定の気色悪さが終始おもしろい。 その結果、むかえるラストシーン。 娘の結婚式当日に明かされる、女の気味悪さは特に凄味がある。 商業的成功が至上命令の映画としては、はめ外し過ぎ展開からの不気味な結末で…

映画『雁』

昔読んだ、森鷗外の名作小説『雁』の映画をネットで観た。 雁 Gan Wild Geese 1953 Shiro Toyoda うっすら覚えている小説の展開と違っている気がしたので、青空文庫で原作を読み直してみた。 商業的成功が至上命令の映画の原作としては、蛇退治の件くらいし…

神さまの言うとおり

映画「神さまの言うとおり」予告編 GANTZとSawをたして2で割ったような映画。 おれは当然アナロジーとして観る。 メイズ・ランナー、しんぼるとは似てるようで、全然違う。 主張は「神様、ぼくの退屈な日常を返してください」なので、「お早よう」で完熟し…

「ミートボールマシン」と「寄生獣」

映画『寄生獣』予告編 寄生獣 セイの格率 【ベストマッチ #1】 [ Shinichi's Best Battle ] Parasyte -the maxim- Full 60FPS 寄生獣 セイの格率 【ベストマッチ #2】 [ Shinichi's Best Battle ] Parasyte -the maxim- Full 60FP 寄生獣 セイの格率 【ベス…

梶 芽衣子『修羅雪姫』

梶 芽衣子の代表作といえば『女囚さそりシリーズ』だとおもってたが、この『修羅雪姫』のほうがいいわ。映像に形式美がある。シンプルに復讐を描いて、見事に完成した娯楽作品だ。 これが天才タランティーノの頭を通って、もうひとつの単純な復讐劇『キル・…

車中生活者 死にゆく妻との旅路

悲惨な実話をもとにした映画 「死にゆく妻との旅路」 当時、新聞でこの事件を知った時の衝撃を忘れることができない。 男が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたいきさつを簡単に伝える小さな記事だったが、それは ただならぬ過程が伴わなければ現れえない結…

「メイズ・ランナー3部作」と「しんぼる」

出口の無い迷路に追放される少年たち メイズランナー 映画紹介 あらすじ 「メイズ・ランナー 第1章」を観た感想。 おれはこの種の作品を、当然アナロジーとして観る。 正体不明の絶対権力者がいて、人間を迷路(メイズ)世界に放り込む。 迷路は階層構造で、…

『サンダカン八番娼館 望郷』にみる欲のむき出し

昔、映画館で観た『サンダカン八番娼館 望郷』 Sandakan hachibanshokan bohkyo 当時、自分の身体の内側からしきりに湧いてくるようになっていた欲望(性欲に象徴される、ひたすら生きんとする盲目の意志)に漠然とした不安ともの恐ろしさを感じていた。 そ…

神話的な WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜

『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』 (ウッジョブ かむさりなあなあにちじょう) 映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』予告編 おれは、制作にテレビ会社がかんでる映画にろくなものがないと思っていて、これも昔見た時、オープニングにTBSの…

名優 市川雷蔵

何を演じてもダンディな市川雷蔵。 演技を離れた普段のこの人は、実直な公務員みたいに見える。演技中の大スター雷蔵とのコントラストがすごいのだ。 眠狂四郎は、以後何人もの俳優が演じたが、円月殺法というアホみたいな剣術の動作を、これほどかっこよく…