哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

「修行=悟り」考

直前記事
 誰もが例外なく、逃げ隠れ一切できない場所にすでに立ってる事
に関して追記します。

 これは歴然たる事実ですが、だからといってこの事を甚だしく誇大に表現する者は、人々をミスリードする大罪を犯してるとおもいます。
今だに大乗の一部で究極奥義みたいに
そのままですでに救われている。
もともと初めから悟っている。
とか説いてるのがそれです。上記直前記事の表現とよく比べてください。一部真実を含んでるが、明らかに誇大妄想解釈で、必竟修行逃れの言い訳でしょう。上記表現から修行の必然性を取り除くと、こういう能天気な表現が現れるからです。

因みに、これは人類普遍の悪癖で、キリスト教の一部にも昔からしつこく繰り返されている倒錯です。「あなたはありのままで神様に愛され救われています。あなたはこれを信じるだけで良いんですよ」というやつです。受け取り方によっては微妙っちゃ微妙ですが、でもこれはやっぱりダメでしょ。
他のイスラムヒンズー教等の教義に不案内ですが、探せば間違いなく同趣の奥義めかした瑕疵が見いだせるはずです、人類普遍の癖ですから。





昔、道元禅師が、このオーバーな誤釈と表現を大乗の体制内で苦心して正し、見事教義としても修行を甦らせた次のような話が伝わっています。

学生道元比叡山で勉強中に

本来本法性天然自性身

(人間は生まれながら、そのままで仏である)
と教わった。
道元

それなら、なぜわざわざ発心修行する必要があるんですか。

と至極当然の質問をした。
ところが、まともに答えられる高僧が一人もいなかったという嘘みたいな話がある。
しかたがない、道元は自分で答えを探しに中国まで行った。
そして、ようやく見つけた答えが、これだった。

道元禅師『正法眼蔵』「現成公案」より引用
麻谷宝徹禅師、扇をつかふ。
ちなみに僧きたりてとふ、風性は常に住して周からざるところ無きなり。なにをもてかさらに扇をつかふ。
 師いはく、なんぢただ風性常住を知れりとも、いまだところとしていたらずといふことなき道理を知らずと。
 僧いはく、いかならんかこれところとして周からざる底の道理。
 ときに師 扇をつかふのみなり。
 僧礼拝す。

…常住なれば扇をつかふべからず、つかはぬをりも風をきくべきといふは、常住をもしらず、風性をもしらぬなり。…
引用終

 風の本質は常住だが、扇であおがなければ風は現れない。あおぐのを止めると風は消える。
衆生本来成仏であるが、修行しなければ仏性は現れない。修行を止めると仏性も消える。
修行=悟り道元禅師の解答だったわけです。





 おれみたいな外野は「本来本法性天然自性身」ナンセンス!と断じればそれで終わりだが、体制内改革は諸方面に気を使って苦労が多い。落とし所もいまいちスッキリ感のない玉虫色になってないですか?





過去記事増補編集再録)