哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

映画「テッド・バンディ」

GYAO!で無料視聴できます。11月22日(月) まで

テッド・バンディ(R15+)【吹替版】

 

GYAO!情報より引用させていただきます。

≪極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣―世界を震撼させたシリアルキラーの真実に迫る!≫ IQ160の頭脳と美しい容姿で、司法とメディアを翻弄し、”シリアルキラー”の語源となった稀代の殺人鬼テッド・バンディ。被害者は30人以上とされ、3度の死刑判決を受けるが無罪を主張。そんな彼の裏側を唯一殺されなかった恋人の視点を通して描き、観客を予測不可能な迷宮に誘い込んでいく。……

1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディ(ザック・エフロン)とシングルマザーののリズ(リリー・コリンズ)とは、あるバーで恋に落ちる。素晴らしい出逢いの一日から始まり、デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの三人は、幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていく。しかしその運命は一変。テッドが信号無視で警官に止められた際、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑だった。またその前年にも女性の誘拐事件が起きており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。突然の事態に混乱するリズ。テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第に、いくつもの事件の真相が明らかになっていき…。 ※本作はR15+指定作品となります。15歳以上のお客さまはご覧いただけます。

www.youtube.com

 

日本のシリアルキラーはと訊かれたら、

おれが思い浮かべるのは

大久保清宮崎勤だ。

 

テッド・バンディは邪悪さと救いなさにおいて

二人の日本人シリアルキラーのだいぶ先をいってる。

 

彼は、司法とマスコミを巧みに翻弄し、

大劇場で堂々と役を演じるスタアのようだ。

 

事実に基づいたこの映画を見ると、

一説に男の4倍当たるといわれる

女の勘もあまり期待できないとわかる。

 

 

 

邪な心は自分自身に
仇のようにふるまう

 

というブッダの言葉通りに、

人間が、自分自身を狂愚者にする、

底なしの下達能力は真に驚異的だ。

しかし、この同じ潜在能力を

上達に180度向きを変える可能性も、

人間は確かに持っている。

 

ただ残念ながら、孔子

君子上達、小人下達

という通り、下達する者は多いが、

上達する者は極めて稀なのだ。 

 

今後、このようなタレント性を帯びた

日本版テッドや、女性版テッドが

何度も登場してくるとおもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(My Favorite Songs)

スローハンド、エリック・クラプトン

「アイ・ショット・ザ・シェリフ」

www.youtube.com