哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

男が女を束縛するのか、女が男を束縛するのか、それとも互いに束縛し合うのか

 

 

昨日 (My Favorite Songs) に貼った

ジャニスの絶唱 Ball and Chain  


Janis Joplin - Ball and Chain (sensational performance at Monterey)

 

これを久しぶりに聴いてるうちに、経典の

 

鎖に繋がれた黒牛と白牛の喩え

 

を連想した。

 

黒牛と白牛の喩えは、40:20あたりから。


心のロックを外す――幸福の人が必ず断ち切っている10の束縛 相応部チッタ相応「束縛経」を読む|スマナサーラ長老のパーリ経典解説(27 Sep 2020 ゴータミー精舎からライブ配信)

 

 

「男が女を束縛するのか、女が男を束縛するのか、それとも互いが互いを束縛するのか」

というワンパターンの3択問いは、ひどくずれてんだよね。

 

こんなにずれた問い方には、答えられない。

 

だって、3択の中に正解がないんだから。

 

 

ジャニスは、そんな愛の狂酔を全身全霊で表現している。

Why the man I love wanna leave me in so much pain.

なんで、あのひとは私をこんなに苦しめておくの?

 

そうじゃないだよ。

 

苦しめる犯人は

自作自演のball and chainだ。

これが歌の題名になってるのは象徴的だね。

 

 

 

(仏教ブログなので、もっと普遍的に云おう)

 

色声香味触法は苦ではない。

この明らかな事実を、人はすぐ忘れてしまう。

眼耳鼻舌身意は苦ではない。

この明らかな事実も、人はすぐ忘れてしまう。

 

ただ、それらへの執着が人を苦しめる。

呆れるほど単純明白なこの事実にだけは、人はけっして本気で気づこうとしない。 

 

 

 

なぜなら、

人は六境六根への執着を

楽と錯覚し、夢中で貪っているからだ。

 

 

ブッダのことば。

 

苦に夢中なら、

当然、

その人は苦から抜けられない。

 

 

なお、スマナサーラ長老は、親切に

「我々はみんなに瞑想を教える時でも、思考妄想するなよと。思考妄想はすっごい煩悩だよと言うのは、実際瞑想する人々に理解しやすくするためであって、心が束縛じゃないんです」

と注意してくれている。

たとえば、理解を促すためインパクト重視で「思考はごみです」と端的に教えるのは、思考への執着を捨てさせるためで、厳密には思考そのものがごみではないという意味だと思います。

この点も誤解しないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 (My Favorite Songs) 

トロッグス。
「恋はワイルド・シング」

 このけだるいような独特の歌い方、今聴いてもクールだ。


The Troggs - Wild Thing

 トロッグスとジミヘンのWild Thingはセットみたいなもの。 


Jimi hendrix - wild thing, Live at Monterey Pop festival, 1967.

 

 

 

 

 ちなみに、オリジナルはこれ。

なんか、惜しいな。


"Wild Thing" Original Version by Jordan Christopher & The Wild Ones (1965)