哲学日記

存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。 このテーマに興味のある方だけ見てください。 (とはいえ、途中から懐かしいロック、日々雑感等の増量剤をまぜてふやけた味になってます)

覚醒者のものの見方

澤木老師の言葉をいくつか
 
 しずかに落ち着いてよく読んでみれば、マルクスエンゲルスも「餌の分配」の話でしかない。











 昆虫を箱の中に入れて見ていると、その中で一人前の気でカミアイしておる。人間も原爆やら水爆やらつくって──これを宇宙の彼方から見ていたら、さぞおもしろかろう。
 
 
 
 
 あほが電子計算機をあやつり、ノロマがジェット機に乗り、気違いがミサイル発射のボタンをにぎっておる──これが今日の問題なんじゃ。






 昔の奴も阿呆じゃったね。ドエライ金と労力をつかって城をつくり、それで何をするかと言うと、けんかするためじゃったのだからね。
今の奴はもっとバカじゃね。原爆だの水爆だのまでつくって、ボタン一つ押して、ペロッといっぺんに人類を殺してしまおうというのだから。
 
(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)
 
 
 
 
 
 
 
[おまけ]

 
(過去記事増補再録)